• > 
  • ソープランドとヘルスでできることは?違いについて徹底解説!

ソープランドとヘルスでできることは?違いについて徹底解説!

風俗店と聞いて、あなたはどれだけの種類を思い浮かべられるのでしょうか。風俗店を「女の子が裸になって気持ちよくしてくれるところ」と思っていたら大間違い。たとえば同じデリヘルでも客層やサービス内容が違ったりと、知れば知るほど奥深いものです。今回はふたつの風俗を中心に、初心者向けに違いを解説していきます。

ソープランドでできること

数ある風俗店のなかで唯一本番行為、つまり本物のセックスが許されているのがソープランドであり、この点でもヘルスやピンサロとは大きな違いがあります。

なぜソープだけが本番アリなのかというと、それは、ソープランドが江戸時代の遊郭や女郎小屋の流れを汲んでいるためで、法律上も「女性と客との自由恋愛であり、売春ではない」と定義されています。苦しまぎれのルールのようにも思えますが、まあ何にしても、風俗店で本物のセックスができるのはありがたいですよね。

ソープでは本番行為はもちろんのこと、スケベイスやローター、バイブなどAVでもおなじみのアダルトグッズをオプションとして追加できますので、普段のセックスでは決して体験できないエッチを楽しむことができます。女の子もプロ中のプロですので、オーソドックスな正常位や騎乗位はもちろん、立ちバックや変形木の葉くずし、水中射精など、アクロバティックな体位であなたを満足させてくれることでしょう。

ただ、ソープであっても無断の中出しなど、女の子に危険が及ぶような行為については禁止されていますので、マナーをきちんと守って楽しく利用しましょう。

ヘルスの種類もいろいろ

ヘルスといっても、いわゆる箱ヘル(店舗型)、デリヘル、ホテヘル、ファッションヘルスなど、さまざまな種類に細分化されています。

大きな違いとしては、サービスの内容と場所です。箱ヘルは店舗内で、デリヘルは客の自宅や指定したホテルでサービスを行います。デリヘルとホテヘルは一見同じようですが、デリヘルが自宅派遣も行うのに対し、ホテヘルの場合は店側が提携するホテルに客が出向きサービスを受ける、という違いがあります。

ファッションヘルスは店舗型に分類され、サービス内容としてはイメクラなどに近く、コスプレをした女の子とイチャイチャできるお店です。

最近ではさらに、障害者デリヘルなど、同じデリヘルでも客層ごとに細分化が進んでおり、その動きは今後もまだまだ続くだろうと考えられています。

風俗の王様はソープ

数ある風俗のなかでも、「キング・オブ・風俗」といえるのはやはりソープです。何しろ本番行為が許されている唯一の風俗なのですから、ソープが男の楽園と言われるのも頷けますよね。

ただ、その分だけ料金相場のほうも高くなっており、吉原の高級ソープでは総額で10万円以上の料金がかかるお店もめずらしくはありません。

もちろん、超高級店ではその料金に見合ったコンパニオンをそろえており、美貌とスタイルはもちろんのこと、エッチのテクニックも申し分のない厳選された女の子たちがあなたを笑顔でおもてなし、めくるめく魅惑の時間へと誘ってくれます。

1回のエッチで10万円も出せない、という方も御安心を。最近ではソープ業界もデフレが進んでおり、中堅の店舗でも30000円出せば安心して遊べるようになってきました。さらに、総額で10000円以下という超格安店も増えつつあり、「ソープは高い」という固定観念が変わりつつあります。

ただ、格安になるほど病気のリスクも大きくなりますので、やっぱり「安全はお金では買えない」ということなのかもしれません。

まとめ

ソープランドとヘルスの違いについてお判りいただけたでしょうか。ソープでは唯一セックスが楽しめますが、デリヘルやホテヘルなら慣れた空間でプレイに没頭できたりとヘルスのほうにもいろいろとメリットがあります。

それぞれの違いを把握したうえで、自分にとって本当の意味で満足できる風俗店を選びましょう。もちろん、両方を制覇するのも楽しいですよ!

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。