• > 
  • 目的が違う?ソープランドとヘルスのサービス内容について

目的が違う?ソープランドとヘルスのサービス内容について

「風俗だったら女の子に何をしてもいい」というわけではありません。ソープランドとヘルスだけをとってみてもいろいろなルールの違いがあり、ルールを違反すると入店禁止どころか、警察沙汰になってしまうこともありますので注意しましょう。

風俗店を文字通り「気持ちよく」利用するためにも、ソープランドとヘルスの目的やサービス内容の違いについて詳しく見ていきましょう。

ソープランドは本番可能

ソープランドが風俗のなかでも別格とされるのは、唯一本番行為が認められているためです。本番行為とはすなわちセックスのことで、ソープでは「コンパニオンと客との自由恋愛」という建前のもと、個室内で行われるセックスについては売春にはあたらないと定義されています。

ちなみに、ソープ嬢はお店の従業員ではなく、あくまでも個人でお店の浴室を借りてお客を取っている、という何ともまわりくどくてわかりにくい位置づけになっています。まさか、ソープの女の子が本当の自由恋愛で客とエッチするわけではありませんが、江戸時代の遊郭文化が未だ色濃く残る日本ではとにかく、そういうことになっているのです。

ここまで定義をややこしくしていること自体、ソープが売春の半歩手前であると認めているようなものですが、何にしてもソープがある意味で治外法権的に扱われていることは、世の殿方にとってひとつの救いではあります。

ヘルスでの本番強要は違法

女の子との本番行為が認められているのはソープだけ。ということはつまり、裏を返せば「ヘルスではエッチはできない」ということになります。

ネットの下世話なサイトではよく、「ここのデリヘルなら本番可能!」、「ゴムなしで発射できた!」などという情報がまことしやかに広まっていますが、それらの情報はすべてガセネタであり、仮に本当だとしてもそれはれっきとした違法行為です。

ヘルスでの本番強要は違法、というより同意の上であっても挿入をした時点でそれは売春ですので、売春防止法に無条件で引っかかります。

ただ、ヘルスはソープランドと違ってお店のスタッフの目が行き届きにくく、女の子のほうも指名がほしいという一心からついつい本番行為に応じてしまう、というケースも多いようです。

初心者はまずヘルスへ

風俗の王様といわれるソープランドですが、料金相場が高いということもあり、風俗初心者にとっては少しばかり敷居が高いようです。

その点、ソープよりも料金相場が低く、サービス内容も幅広いヘルスならコスパも良く、実際にはセックスもしないため罪悪感も比較的薄い、という利点があります。

本番こそできないものの、AFK(アナルファック)であればオプションにくわえている店舗も多く、女の子に挿入したい、という殿方の願いも一応はかなえることができます。

フェラチオや全身リップ、口内発射など、ソープランドでできることは概ねヘルスでもできるため、本番行為さえ臨まなければヘルスのほうがお得と言えるかもしれません。

まとめ

本番ができるかどうか、という以外にも、ソープランドとヘルスにはいろいろな違いがあります。料金相場も最大で5万円以上も開きが出るため、「かぎられたお小遣いでたくさん抜きたい!」という場合にはヘルス、女の子とゆっくりエッチを楽しみたい、という場合はソープランド、という風に使い分けるのも上級者としての嗜みと言えるでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。