• > 
  • ソープランドとデリヘル!それぞれの目的とサービスの差

ソープランドとデリヘル!それぞれの目的とサービスの差

風俗は言ってしまえば「裸になった女の子がいろいろなテクニックで気持ちよくしてくれるお店」のことですが、サービス内容について丁寧にひとつひとつ見ていくと、その違いがくっきりと見えてきます。

ソープとデリヘルでは、できることに違いがあるのでしょうか。法律上の定義も含めて具体的に見ていきましょう。

女の子とエッチができるのはソープだけ

法律上は、コンパニオンとのセックスが許されるのはソープランドのみであり、それ以外の風俗店での本番行為はすべて違法行為として処罰の対象になります。

ただ、「本番行為が認められている」といってもそこにはいろいろなからくりがあり、決して無条件で「セックスしていいよ」ということではありません。

まず、大前提として、ソープランドは風営法の管轄にはなっていますが厳密な意味では風俗店ではありません。ソープは法律上は未だに「特殊浴場」であり、コンパニオンがあくまでも個人でお店の浴室を借り、自分の裁量で客にサービスを行っている、という定義になっています。

風俗の世界を少しでものぞいたことのある男性にとっては「そんなバカな」という話でしょうけれど、こんなまわりくどいルールがあるおかげで日本では風俗店で女の子とセックスできるようになっているのです。

デリヘルは派遣型ヘルス

デリヘルはデリバリーヘルスの略で、法律上は「派遣型風俗店」として定義されています。客はまずウェブサイトや電話からお店に予約を入れ、指定した場所と時間に女の子を派遣してもらいます。

デリヘルはヘルスの一種ですので本番は違反行為となり、女の子の同意があったとしても売春行為として罰せられます。

デリバリーヘルスでは自宅やホテルなど、お店よりもゆったりとした空間で女の子とプレイできるため男性自身もリラックスできますし、時間内であれば室内で飲食もできるのでちょっとした恋人気分も味わえます。

ただ、自宅派遣だと近隣住民に感づかれてしまったり、ホテル派遣ではホテル代の分かえって割高になってしまったりと、ソープランドにはないデメリットがあるのも事実です。

最近のトレンドはデリヘル

2000年以降、東京都内を中心に店舗型ヘルスなどが一斉摘発され、いわゆるソープランドや箱ヘルの新規出店がきわめて難しい状況になりました。

そのような時代の流れのなかで隆盛をきわめているのがデリバリーヘルスです。現在のところ、デリヘルに関する規制は比較的ゆるく、新規参入がしやすい業種として注目されています。

お店側にとっても、固定の店舗をもたなくていい派遣型ヘルスは経費削減につながり、なおかつ女の子のほうも予約が入った日にだけ出金すればいいため効率的であると言えます。

最近では障害者専門や高齢者専門、女性専門など業態もさらに多様化しており、派遣型ヘルスの牙城はこの先もまだまだ当面はくずれないと見られています。

まとめ

今回はおもに、ソープランドとデリヘルの目的の違いについて見てきました。女の子とのセックスを目的にするのであればソープランドの一択ですが、そうでなければ派遣型ヘルスも選ぶ価値があり、むしろ初心者向きであるとさえ言えます。サービス内容ばかりでなく、料金相場についても大きな違いがありますので、風俗入門者はまず目的意識をしっかりともち、後悔のないお店選びを心がけましょう。どうしてもお店が見つからないのであれば、情報誌やクチコミサイトを参考にするのもひとつの方法です。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。