• > 
  • ピンサロとの違い!ソープランドでは本当に本番ができるの?

ピンサロとの違い!ソープランドでは本当に本番ができるの?

「サービスのソープ、安さのピンサロ」などと言われることも多い中で、両者の違いをはっきりとは把握していない風俗初心者が多いのも事実です。

ソープランドにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、ピンサロ独自のサービスはあるのでしょうか。それに、ピンサロが風俗の入門編と言われているのはなぜなのでしょう。ここでは、風俗初心者にとっては意外とわかりにくい風俗業界の仕組みについて詳しくお伝えしていきます。

ソープランドで本番ができる理由

「女の子とエッチができるのはソープランドだけ」というのは、風俗に少しでも関心のある方にとってはもはや常識中の常識です。

ただ、厳密に言えばソープであっても無条件に女の子とのセックスが認められているわけではなく、あくまでも「浴室のなかでは何が起こっているかわかりませんよね?」というかたちで本番行為が黙認されているに過ぎないのです。

ここがややこしいところなのですが、実は現在でも、お店側としては女の子が客とセックスをしていることは知らない、ということになっています。もしもお店側がセックスの事実を把握していて、そのうえで女の子を働かせているとしたらそれは売春の斡旋ということになってしまうため、お店側としてもその一線だけは守らなくてはならないのです。

ソープの料金が入浴料とサービス料に分かれているのはそのためで、お店側は客から入浴料のみを受け取り、女の子があとからサービス料の一部を納める、というシステムになっています。

本サロは本当にある?

日本国内でお金を払って女の子と「合法的に」エッチができるのはソープだけですが、ネットでは本番ができるピンサロ、すなわち「本サロ」があるとの噂が広まっており、クチコミ情報も実際に流れています。

本サロは現に、東京の郊外や埼玉などの地方都市を中心に増えているようですが、もちろん、ソープ以外での本番行為は違法です。本サロでは衛生環境の悪い店内でのセックスとなる場合が多く、避妊具なしでの挿入、発射も公然と行われているため、女の子の妊娠や性病などのリスクも大きくなります。

もとより本サロは違法ですので、殿方のほうも「君子危うきに近寄らず」を貫くようにしましょう。

ピンサロは風俗じゃない?

女の子が裸になってフェラチオなどで射精させてくれるピンサロですが、意外なことに、法律上は風俗店ではありません。

ピンサロはピンクサロンの略で、法的にはあくまでも飲食店の延長線上として定義されています。

たいていのピンクサロンにソファとテーブルがあるのは飲食店としての体裁を保つためなのですが、厳密に言えば性的サービスは違法であり、いつ摘発されても文句は言えない状況にあります。

ピンクサロンは風俗業界でもグレーゾーンとされており、低料金である分病気のリスクが高まったりと、サービスの質には大きなばらつきがあるのが現実です。

まとめ

ソープとピンクサロンでは、料金だけで見ても最高で10倍以上の開きがあります。ピンクサロンにはとにかく低料金で手軽に気持ち良くなれるというメリットがありますが、衛生的に劣悪である場合も多く、性病を移されるリスクもソープよりは高いと言わざるを得ません。受けられるサービスもかぎられますので、「風俗でしっかり楽しみたい!」という方にはやはりソープランドのほうがおすすめと言えるでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。