• > 
  • ソープランドの業界用語とは?

ソープランドの業界用語とは?

どの業界にも業界用語というものは存在していますが、ソープランドでも独特の業界用語がたくさん使われています。ここでは、初心者がソープランドを遊びつくすうえでとくに覚えておいたほうが楽しめる用語を紹介していきます。

どういった場面で使われるのか

ソープランドに一度でも足を運ぶと、いくつかの業界用語を覚えて帰ることになります。今回はそんな業界用語のうち、知っておくと便利になるものを紹介していきます。お店のホームページやランキングサイトなどを見ると、「総額」「入浴料」「サービス料」と記されているものが多いことに気づきます。「総額」は入浴料プラスサービス料、「入浴料」は、個室を借りる際の料金と覚えておくと分かりやすいかと思われます。

サービス料というのは、女の子が身体を洗ってくれたり、潜望鏡や本番行為をしてくれたりするサービスに対して払うというイメージになります。基本的に、サービス料は店舗として公表することができないことになっていますので、店舗のホームページなどには入浴料しか表示されていない場合がほとんどです。サービス料は入浴料の約2.5倍といった相場になっているようですが、正確なサービス料を知りたいといった場合には、店舗に直接電話をして聞くようにしてみてください。利用時間のところには、「ダブル」や「トリプル」といったことが記されていることがあると思われます。これは、基本時間の2本分、たとえば60分が基本時間の場合なら120分、または180分といったような利用ができるという意味になっています。ダブルやトリプルが可能な店舗の場合は、予約の際に利用時間を伝えるようにしましょう。また、女の子の出勤時間をすべて使うことができる、「貸し切り」といったサービスをしているところもあります。お金と時間に余裕がある場合は貸し切りも良いかもしれません。

時間の「延長」ができる場合もあります。料金はそれなりにかかるものと考えておいてください。女の子の次の予約時間まで時間が空いている場合には、「外出」して食事を楽しむことができる場合もあります。こちらは基本時間とトリプル以上を利用している場合の話で、なおかつ女の子からの信頼がある場合にできるようになるサービスです。このような、基本時間以上のサービスを受けたい場合は、予約の際にスタッフに伝えるようにしてください。

お客側も理解しておいた方が良い?

ソープランドを利用する際には、どういうプレイが良いかと聞かれることになっています。まず、高級店に関するプレイに多いものなのですが、「即即」と呼ばれるものがあります。これは即フェラチオ、即ベッドと呼ばれるプレイを表しているものになります。高級店の場合は部屋に入ると、まず女の子から挨拶がありまして、その後すぐにジッパーが降ろされたり、服を脱がされたりして、シャワーを浴びる前にフェラチオをしてもらえるようになっています。

その後は、そのままベッドなどでセックスができるといった感じになっています。当たり前ではありますが、即即のあるような店舗を利用する場合には、女の子に嫌われないように、あらかじめシャワーを浴びていくようにしたほうが良いでしょう。次に、ソープランドならではのプレイとして、「潜望鏡」と呼ばれるものがあります。これは、風呂に入った時に、女の子が腰を浮かせてくれて、そのままフェラチオをしてくれるといったプレイのことを言います。勃ったチンコを潜水艦が海面上に出す潜望鏡になぞらえていることから、そう呼ばれています。「壺洗い」は、女の子が身体を洗ってくれる時に、自分の性器に、お客様の指を一本ずつ入れて洗ってくれるプレイのことを言います。その際にオチンチンを入れてくれることもありますが、試しに挿れるといった感じで、すぐに抜かれますので覚えておいてください。「S着」「NS」「NN」といったことも目にすることが多いかと思われます。コンドームをしての本番をする場合、スキン着用の略語としてS着と書かれています。逆にコンドーム無しで本番をする場合には、ノンスキンの略語としてNS。ノンスキンで中出しOKの略語としてNNといった感じで使われています。「ゴムフェラ」はコンドームをつけてのフェラチオ。

「AF」はアナルファックOKのことを言います。「2回戦」というのは、射精をせずとも、1回目のフェラや本番が終わって、風呂に入ったあとに、また本番などをする場合に使われていることが多いです。これらの用語だけでも覚えておくと、プレイの際に女の子に伝えることができ、さらに楽しめるようになるでしょう。

業界用語は誰が作ってどうやって広まったのか

業界用語は誰が作って、どうやって広まっていったのでしょうか?もちろん、ソープランドの業界で働いている人が話をしやすいように業界用語化していったのは間違いないでしょう。それから、ソープランドの存在そのものも、当初は雑誌関連で取り上げられたことがきっかけとなって広まっていったものでもあります。雑誌関連からも業界用語は紹介をされていき、広まっていった言葉も多いことかと思われます。現在は、インターネットも各家庭に引かれているような時代にもなり、パソコンやスマートフォンも普及しています。

近年ではホームページやSNSも多くの人が利用するようになり、各店舗のホームページだけではなく、ランキングサイトやクチコミサイトなどのソープランドに関するホームページを簡単にチェックできる時代になっています。店舗のホームページには女の子たちが書いているブログもあり、女の子たちが見ているような掲示板サイトなどもあります。そういった掲示板にはまったく日常生活では使われないような言葉も多く書かれてあったりします。インターネットの発達によって、雑誌関連よりも簡単に無料で情報を手に入れることができ、多くの人に業界用語が伝わっていったのは間違いないことでしょう。まとめサイトのようなホームページや、実体験を元にしたブログなどのSNSサイトには、多くの業界用語が記載されていて、初めて読む人には、何を言っているのか理解できなかったりもします。

ここでは、文字数の都合上紹介できなかったものも多くあります。もっと数多くの業界用語を紹介しているサイトもありますので、詳しく知りたい場合は、そちらをご覧になっていただければと思います。業界用語を知ってからクチコミサイトなどを読んでみると、どんなプレイがあって、どういったプレイで気持ち良くなれたのか知ることができるでしょう。業界用語を覚えイメージすることで、さらにワクワクして読むこともできるのではないでしょうか。

まとめ

ここで紹介した業界用語はごく一部です。基本的な用語をしっかり覚えておけば、もっとソープランドを楽しむことができるようになるでしょう。