• > 
  • 朝からハッスル!神奈川県で日の出営業のソープにゆくメリットとは!

朝からハッスル!神奈川県で日の出営業のソープにゆくメリットとは!

ソープランドの情報サイトなどで営業時間を確認すると、ときに「日の出から深夜0時まで」という表記を見かけることがないでしょうか。
日の出の時間といえば、季節によっても異なりますが、通常は朝4時から5時ぐらいになります。

しかしソープランドが夜遊びとは限りません。
そんな早い時間から客が来るのか、朝早くからソープに行くメリットがあるのか、実際に神奈川で日の出営業しているのはどの店舗か、すべての疑問にお答えします。
日の出営業ソープの世界へようこそいらっしゃいませ。

ソープの日の出営業とは?

ソープランドの日の出営業とは、文字通り、朝日が昇る頃の早朝から営業を開始することです。

もちろん実際の日の出は、同じ日本でも季節によって異なります。日の出は夏場が早く、冬場が遅いことは有名ですが、一年で日の出が最も早いのは夏至の一週間ほど前、最も遅くなるのは冬至の半月ほど後だといわれます。また同じ日本の同じ日でも、地域によって日の出の時刻は異なり、日本の最東部になる北海道の日の出から、最南部の沖縄では一時間半以上も遅くなります。日の出営業といっても、このような実際の日の出に合わせて営業するのは不可能ですし、それでは雨が降ったら休業になってしまいます。
冗談はさておき、つまり日の出営業とは、実際は早朝からの営業という意味になります。

では、なぜ日の出営業をするのかというと、本来、風俗営業といえば「夜のお仕事」と言われる通り、夜遊び族を狙った深夜帯こそが稼げる時刻でした。しかし現在では治安維持などの観点から、風営法によりソープランドをはじめ風俗営業店は、午前0時から午前6時の間の深夜営業を禁じられているのです。
このため現在のソープランドは、どんなに遅くとも必ず深夜0時には営業を終了します。

一方、風営法の規定に合わせて、朝は午前6時から開店する店もあります。もっとも開店が6時ジャストという店はそれほど多くはなく、日の出営業、早朝営業を名乗っている店も、実際には午前8時頃に開店することが多いようです。

早朝の時間帯は割安?

日の出営業といっても、通常の会社務めの人などなら、そんな朝からソープランドに来る客がいるのか疑問に思うことでしょう。しかし実際には、早朝に日の出営業のソープを訪れる客も意外と多いのです。

日の出営業を利用する主な客層は、夜勤明けの人、深夜営業店や他の風俗店の男性従業員など、夜の仕事をしている人です。
同じく0時に終わる他の風俗店の従業員でも、閉店後の業務などから終業は深夜になり、朝方に帰宅して眠る昼夜逆転の生活になります。そのため中には仕事の後、たまにはソープで疲れを癒してから眠りたいと思う人も多いようです。

他にもフリーランスの自営業や年金暮らしの老人など、時間に融通の利く人が早朝の時間帯を選ぶこともあります。
風俗のない地域から深夜バスで上京した人が、朝風呂とお楽しみかねて朝一で都内や近隣などソープ街に繰りこむという話もあります。さらには朝一で日の出営業に飛びこみ、それから出社する猛者もときにはいるようです。

それほどまでに日の出営業が人々をひきつけるのには、もちろん理由があります。
多くのソープランドでは「午前割引」として、午前中は、午後以降や夜の通常料金から割り引くシステムを採用しています。さらに日の出営業のソープでは、開店から2、3時間ぐらいまでの早朝帯は「早朝割引」として、午前割引よりさらに低価格で案内する場合もあります。
このシステムをうまく利用すれば、例えば高級店を中級店の価格で、ミドルコースの価格でロングコースなど、いつもよりワンランク上の店やコースを選ぶこともできます。
ソープランド好きの人で、もし早朝の時間帯が空くことがあれば、利用しない手はありません。

川崎市の日の出営業ソープ

川崎で日の出営業するソープランドには、午前6時から営業する店として「SELECTION(セレクション)」があります。
この店は20代のコンパニオンを主にしていて、入浴料が60分10,000円、120分18000円プラス女性へ払うサービス料が総額という大衆店ですが、メルマガ会員限定で午前中割引、新人割引などいで入浴料が60分5,000円など半額になるほか、6時から8時半に遊びスタートする場合、さらに入浴料が割引になる点が魅力です。
南町にある「clubKG(クラブケージー)」は20代のギャル中心の店で、45分5,400円から120分14,040円まで多くのコースがあります。またホームページなどでときに割引クーポンも配布されます。

高級ソープでは午前8時スタートになる堀之内街の「PROPORTION(プロポーション)」があります。この店のコンパニオンはスタイルのいい巨乳ばかりがコンセプトで、入浴料27,000円とサービス料が総額になります。ただ入浴料は朝9時スタートまでなら17,000円、11時までなら22,000円になるという割引もあります。
同じく午前8時からの高級ソープ「THE PREMIUM(ザプレミアム)」は、60分で入浴料16200円にサービス料金が総額と、時間を短くすることで、高級ソープをリーズナブルに楽しめるのが特徴です。こちらもメルマガ会員には午前割、新人割などのサービスがあります。
他にも川崎には、さまざまな工夫を凝らした日の出営業店が多くあります。

横浜の日の出営業ソープ

横浜福富町の日の出営業ソープランドで、朝6時開店の店には「英国屋」があります。
ここは地域最安がウリの激安店で、総額料金が50分9,995円、70分15,000円、90分19,000円になっています。また平日午前中は50分コースが60分になるといったサービスもあります。
「AAA(トリプルA)」は、総額で70分27,000円その他のコースに、指名料なしの大衆店で、新人割引や、次回割引クーポン、ポイントカードにも対応しています。

朝8時開店の店には「多恋人」があります。こちらは総額で50分9,995円、70分15,000円などの激安店になります。またメルマガ登録することで割引情報なども入手できます。「クラブハウス プリプリ」は、総額で40分16,000円、70分22,000円、100分33,000円などのコースがある大衆店で、午前中は70分お任せコースが19,000円になる他、新人割などの割引システムも充実しています。

「Japanclib富士」は福富町ではなく横浜駅西口にある唯一のソープランドになる、朝8時から午後1時までのご案内で、50分コースが20,000円、午後1時以降は総額33,000円の80分コースが30,000円になります。

まとめ

日の出営業するソープランドの魅力について、ご理解いただけたでしょうか。
日の出営業は、ただ割安でお得になる、深夜帯に仕事をしている人でも入りやすいという点だけが特徴ではありません。

朝からソープランドで楽しんだのちに一日をスタートするのも、昼酒にも似た背徳感から快感が高まり、また代り映えしない日常への刺激にもなります。
都内や神奈川県の近隣に住んでいる人なら、たまには朝一で日の出営業のソープに行ってみるのも、精神のリフレッシュによい効果があるかもしれません。一度ぐらい挑戦してみる価値はあるでしょう。
ただ、くれぐれもその後、仕事中に居眠りしないよう気を付けてください。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。