• > 
  • 関東のエリア別ソープ街における求人の傾向と対策

関東のエリア別ソープ街における求人の傾向と対策

関東には、街の中にソープランド店が密集する地域、いわゆるソープ街が各地に存在します。
そんな街が形成された経緯については、昔から遊郭や歓楽街が存在したという歴史的経緯や、風俗店を利用する客が多いという街の雰囲気、法律や条令によって新規出店ができないという事情など、さまざまな要因があります。

ここでは関東にある主要なソープ街について、居並ぶ店の軒数や傾向、また街そのものの環境などを解説し、女性にとっても働きやすい風俗街を紹介します。

関東各地のソープ密集地帯

日本全国にて、都会や歓楽街には性風俗店がつきものです。関東、特に首都圏のターミナル駅周辺では、性風俗店が密集している光景も珍しくありません。ただ最近は店舗を持たない、いわゆるデリヘル、ホテヘルの数が多くなっております。
現在、店舗型風俗店、特にソープランドは風営法や都道府県の条例での規制によって新規出店が難しくなっているため、いわゆる「ソープ街」は昔ながらの場所に限られています。

東京都内では吉原、新宿歌舞伎町などが有名です。池袋や五反田その他の都内各地にもソープランドは点在していますが、店舗の数は少なく、ソープ街といえるほどの規模ではありません。
関東広域のソープ街として、神奈川県では川崎がよく知られていますが、横浜の福富町もやはり密集地域となっています。他には茨城県の桜町、埼玉県の大宮北銀座、千葉県の栄町などが有名です。
それぞれ古くからの歴史ある歓楽街であり、各地域ごとの特徴が見られます。

東京の伝統あるソープ街、吉原

「吉原」といえば、江戸時代から遊郭だった場所として有名です。風俗店に興味のない人でも、時代劇などにも登場する遊郭としてよく知られています。そんな古い伝統を持つ吉原は現在でも関東最大のソープ街であり、台東区千住3丁目から4丁目に当たり、その区域には150軒近い店舗が並んでいます。

現在の吉原は観光地でもある浅草や上野から少し離れた場所にあり、周辺には吉原大門や見返り柳の跡など、吉原遊郭にちなんだ史跡も見られます。吉原でも現在では1万円程度で遊べる激安店や、比較的、安価な大衆店が多くなっていますが、一方で高級店から中級店も多く、遊郭の伝統から全体的なサービスのクオリティが高いのが吉原の特徴です。

またすぐ隣はドヤ街で知られ、近年では外国人観光客の街になりつつある山谷にあたり、場所的に交通の便がやや悪いため、各店舗では送迎サービスが多くなっています。店の数の多さから女性の求人も絶えることがなく、また店の種類も高級店から格安、激安店までさまざまなため求人の種類も多く、容姿から希望する働き方まで、どのような女性にも対応できるのが特徴です。
余談ですが、すぐ近くには馬肉料理や天丼が有名な天ぷら店など、伝統ある江戸の味を楽しめる店も見られます。

不夜城、新宿のソープ街

新宿の歌舞伎町といえば、関東で有数の歓楽街であり、警察ドラマや任侠もの、ハードボイルド、アクションなど、さまざまなドラマ、映画などの舞台になっている街でもあります。そのため一昔前まではボッタクリなど危険なイメージも強かったのですが、2000年代前半に当時の都知事主導で浄化作戦が行われ、現在では安全に遊べる繁華街になっています。

歌舞伎町には居酒屋や飲食店、娯楽施設などの他、ソープランドはじめ性風俗店も数多く見られます。新宿のソープ店には高級店もありますが、比較的、入りやすい大衆店が多く、働く女性にはマットプレイのテクニックなど、さほど高い接客技術は求められないという特徴があります。
また歓楽街であることから客足が絶えず、比較的、稼ぎやすい上、周辺にJR新宿駅やメトロなどの駅が多いため、アクセスが便利といったメリットもあります。

神奈川、川崎エリアのソープ街

神奈川県のソープランド街として知られるのが、川崎区の堀之内町です。堀之内町はJR川崎駅や東急川崎駅からもおよそ10分程度の徒歩圏内にある区域です。川崎区は多摩川を挟んで東京都大田区に隣接し、堀之内町は多摩川のすぐ近くになっています。この堀之内町から南町にかけては県の条例で特定遊興飲食店営業エリアに指定され、風俗店の営業が許可されています。

堀之内町は、町内におよそ50軒のソープ店舗が並んでおり、町のほとんどが風俗店という、関東では吉原に次ぐ規模の風俗街です。この堀之内町は、いわゆる「泡踊り」発祥の地としても有名です。また特定遊興飲食店営業エリア内の南町にも何軒かソープ店がある他、ピンクサロンの多いエリアや、現在では違法営業になる「ちょんの間」なども点在しています。

川崎は現在でもやや土地柄の悪いイメージはありますが、高級店から大衆店、激安店まで幅広い店が求人を出しているため、どのようなタイプの女性でも働きやすく、また駅に近いためアクセスが便利で、県内はもちろん、東京から訪れる客も多い地域になっています。

埼玉県、西川口のソープ街

埼玉県といえば、近年では映画「翔んで埼玉」などで注目されていますが、原作が描かれた三十数年前と違って、現在では県内にも立派な都市や繁華街が多くなっています。その埼玉県で有名な風俗街が川口市西部の西川口です。
西川口は昔から風俗店の密集地として知られ、一昔前はピンクサロンで密かに本番サービスを行う「西川口流」が流行しましたが、警察の摘発によって壊滅し、現在では跡地に中華料理店などが多くなっています。

西川口駅の西、西川口一丁目あたりには十数件のソープランドが密集していて、吉原や川崎ほどの規模ではありませんが、ソープ街の様相を呈しています。西川口といえば雑多な雰囲気の街であり、店の傾向としては比較的、大衆店から格安点が多くなっています。

また川口市は荒川を隔てて東京都板橋区などと接しており、西川口は荒川に近い地域のため、都心のベッドタウンとしても発展しています。そのため西川口には県内だけでなく東京からの客も訪れ、回転が速いために女性にとっては稼ぎやすく、またアクセスのよさから出勤しやすい場所ともいえます。

関東でその他のソープ街は?

ここまで紹介した以外で、関東で有名なソープ街といえば、神奈川県では横浜、中区福富町があります。かつては周辺一帯が大歓楽街でしたが、徐々に風俗店の営業禁止地帯が増え、指定を逃れた福富町周辺に20軒以上の店舗が集まるに至りました。このエリアは最寄り駅がJR関内駅、京浜急行日ノ出町駅のため、関内または日ノ出町の風俗街と呼ばれることもあります。
埼玉県では大宮駅の北側宮町、界隈、通称「大宮北銀座」と呼ばれるあたりに十数件のソープランドが集まっています。

横浜の福富町、埼玉の大宮北銀座とも、駅近くであるためアクセスが便利で、また高級店、中級店、大衆店などがバランスよく揃っているため、求められる女性のタイプが幅広く、どのような女性でも働きやすいという特徴があります。

また北関東では茨城県土浦市桜町の2丁目あたりには、大衆店の割合が高いソープ街があります。千葉県では千葉市中央区、JR千葉駅の東側にある栄町が、やはりソープ店の多い県内最大の歓楽街として知られています。

まとめ

関東には数々のソープ街があり、店の数や、高級店から大衆店、格安店の比率など傾向の違いはありますが、店そのものの働きやすさには、どこもそれほど差はありません。働きやすさのポイントとしては、街の雰囲気やアクセスのしやすさが主になります。
コンパニオンの求人を探している女性は、働くついでに街そのものを楽しむつもりで、働き場所を選んでみるのも面白いのではないでしょうか。
アフターを楽しめる街というのも、働く上では意外と重要なものです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。