• > 
  • なぜ川崎はソープランドが有名なのか

なぜ川崎はソープランドが有名なのか

ソープ街と言われたら、やはり川崎という地名を思い浮かべる人も多いのではないかと思われます。実はそれには、この街の長くて古い歴史が大きく関係しているのです。川崎という街に、どのような経緯があって、この街がソープ街として有名になっていったのかを少し知ってみてください。奥深い歴史を知れば、貴方も安心して利用することができるようになれるうえ、川崎という街を好きになるかもしれませんよ。

川崎がソープとして有名になったいきさつ

川崎が、現在ソープ街として有名になったいきさつを紹介しましょう。江戸時代には、東海道五十三次でも有名な川崎宿と呼ばれた、宿場町として栄えていました。その時には飯盛女と呼ばれる、奉公人という形で黙認されて働いていた娼婦が多くいたと言われています。飯盛女と言いましても、実際には給仕の人や中居として働いている女の人もおり、飯盛女と呼ばれた女の人全てが娼婦だったワケではありません。長旅の男性の疲れを癒やすため娼婦も必要だったのです。

その後、遊郭や遊女街は無くなっていきます。戦後、国立競馬場ができ、工業を誘致したことによって、日本各地から働き手が集まるようになり、また売春街として名を馳せるようになっていたのです。しかし1958年に買春防止法が施行され、その火は消えてしまいます。ところが1960年トルコ風呂が全国的に流行し、川崎にもトルコ風呂の営業が始まりました。堀之内地区では、公式に許可を取りトルコ風呂の許可地域となって、本格的なトルコ街として栄えることになったのです。その後、川崎では働く女の子によって泡踊りと呼ばれる、現在のマットプレイに繋がる新たなテクニックが開発されました。女の子が泡まみれになって、男の身体の上で踊るようにして楽しませてくれるものだったのです。

石鹸の泡は長時間皮膚に付着するとかぶれたりするため、現在は天然のローションに変わりました。当時はその泡踊りを体験してみようと、全国から男性が訪れるようになり、技の川崎と呼ばれ栄えました。しかしトルコの反対を受けトルコ風呂はソープと名を変えました。こうして時代に翻弄されつつも、川崎はソープ街として全国的に有名になり、現在に至っているのです。

どんな店が多いのか

どのような歴史的経緯があって川崎が名を馳せるようになっていったのかは、知っていただけたかと思われます。次に、どんな店が多いのかと気になる人に説明をしていきましょう。全国でも珍しく、堀之内エリアと南町エリアといった2つのエリアに分かれていて、ソープの店舗が軒を連ねています。堀之内では、川崎堀之内特殊浴場協会と、川崎堀之内ソープ協会の2種類の加盟店に分かれて、現在では55店舗が営業をしています。南町のほうでは、川崎南町特殊浴場協会の加盟店に入っている店舗が軒を連ねていまして、現在では16店舗が営業をしています。

近年では、新しいところが出店しようとしても、許可が降りないことになっているとのこともあり、現在残っている許可を得た店舗が新しいサービスをする以外に店舗を増やすことは難しくなっているようです。チェーン店も多く、その他の地域でも名を馳せている店舗の姉妹店なども多くあります。もちろん、1店舗だけで営業を長く続けている老舗のところも多く、安心して遊ぶことができます。ヘルスなどのように、簡単に出店できないといったこともあり、川崎にあるソープの場合は、大衆店から高級店といった店舗が多くあります。格安点や激安店は、少ない感じになっています。そして、とにかく質が良いと評判です。

ですので、なんのいざこざもなく、女の子と遊びたいといった人の場合は、堀之内や南町に行って、そのテクニックを堪能してみてください。どの店舗でも、昔からのテクニックが脈々と受け継がれていまして、現在でも、以前働いていたOBからの教育を女の子たちは受けていることもあり、接客サービスやテクニックに関しましては、全国でも群を抜いているといっても過言では無いでしょう。

どんな女の子が多いのか

どんな女の子が多いのか、気になる人もいるのではないでしょうか。川崎は全国でも名を馳せるソープ街のひとつです。ソープで働いている女の子も、全国から集まってきています。地方よりも若くて可愛くてスタイルの良い女の子が多いです。ソープは女の子の入れ替わりが激しい業界ですが、川崎で働く女の子の場合は、長く続けている人も多いです。新しく入店している女の子も多いので、たどたどしい手つきなど初々しいサービスが好きな人は、新しく入った女の子を利用してみても良いのではないでしょうか。

基本的には他よりも丁寧な接客サービスをすることでも有名です。その理由は、大衆店から高級店が多いといったことが挙げられます。口コミ情報などを確認すると、他のエリアにある格安店などを体験した人はスタッフの応対もイマイチで、女の子からのサービスも良くなかったといったような、書き込みがされていることが多いです。全国でも有名なソープ街ですから多くの店舗が軒を連ねているといったこともあり、接客サービスに関しても競い合っていかなければ、続けていけません。しかし、高級店で働く場合は、24歳までの若くて可愛い女の子なら誰でも良いといったわけではありません。

丁寧な接客サービスはもちろんのこと、テクニックでもお客様を満足させられないような場合は採用されません。それほど、粒ぞろいの女の子ばかりがいるところだと考えておいてください。そこで、ひとつ覚えておいて欲しいことがあります。どんなに接客サービスが、しっかりしている女の子ばかりが揃っていると言いましても、ひとりの女性だということは忘れないでください。何故この仕事をしているのか、年齢や彼氏などは聞かないようにしましょう。

まとめ

このように川崎のソープは、場所的にも技術的にも全国で有名な場所です。その昔、ここは東海道の宿場町でありましたが、同時に宿場を利用する男性を客とする遊女街としての歴史も古く、その名残として現在でも働く男性たちを癒す歓楽街となっています。また、最寄り駅からも歩いて10分ほどで店舗につくことができるなどアクセスも便利な場所です。出張などで来た際には、ぜひ、その歴史が誇るテクニックを堪能してみてください。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。