• > 
  • 川崎にあるソープ店を徹底分析!

川崎にあるソープ店を徹底分析!

川崎のソープは、その質やサービス面でも有名なものとなっています。このページでは、風俗街としての歴史、風俗エリアへの行き方の紹介、どんな会社別勢力図があるのかといったことを紹介していきます。古くからの歴史を知れば、なぜ有名になったのかがわかると思います。同時に勢力関係を知っておくと店舗に通う場合には、面白いことかと思います。

川崎風俗の歴史

川崎風俗の歴史を紹介しましょう。江戸時代には東海道の宿場町だったこともあり、旅館が栄えていて、その傍らで遊郭も生まれました。時代の流れもあり、遊郭といったところは全て無くなります。
ですが国立競馬場ができ、さらに工業誘致によって、全国から労働者として働く男性が集まることになりました。そのことが発端となって、一時期、売春街としても栄えるようになり、多くの快楽を求める者たちによって、歓楽街が形成されることになります。
ところが、1958年に施行された売春防止法によって、その全てが廃業を余儀なくされることになりましたが、1960年代に人気となったトルコ風呂が発端となり、みたび風俗街としての火を再び灯すことになります。
トルコ風呂とは、部屋に浴室やサウナを備えていて、そこに入浴することで女性が背中を流してくれるといったサービスで、その後自由恋愛といった形で本番行為をするといった形態の風俗でした。このトルコ風呂という名称は、性風俗に使われている上にトルコの人が勤めているワケでもないといったことで、トルコの国の人に大変失礼だという運動があり、実際に政治的な働きもあって、現在の「ソープ」に名称が変わることになったのです。
その後、川崎をソープ街として全国に、その名を広めることになったのは、「泡踊り」といった新たなテクニックの発祥からでした。エアマットの上で、石鹸の泡に身を包んだソープ嬢が、お客の男性の体に密着し、踊るようにして体を洗うといったテクニックだったのです。現在では、マットプレイと呼ばれるようになり、石鹸の泡は肌にも悪いので、ローションが使われ、全国でおこなわれるようになっています。
当時は、発祥の地だったこともあり、その情報を知った風俗好きの多くの男性たちが集まってきたと言われています。
こうして、現在でもソープ街として人気のスポットとなっているのです。

川崎の風俗エリア紹介

川崎の風俗エリアは、堀之内と南町といった2つのエリアに別れています。ここでは、川崎駅の東口からの行き方を説明しましょう。
まず、駅の改札口を出たら右側の東口方面に向かってください。東口に着くと地下街への入り口が見えますので、そこから右に出れば堀之内、左に出れば南町といった具合に分岐しています。どちらも、歩いて10分程度のところに風俗エリアは位置しています。自分の行きたいソープが、堀之内にあるのか、南町にあるのかしっかりと確認してから向かうようにしましょう。
東口についたら、行きたい店舗に一度連絡をしたほうが、何かと分かりやすいでしょう。初めてソープを利用する方の中には、間違えて反対のエリアに行ってしまい、予約時間に遅れてしまうといった方が意外と多くいるので注意してください。それから、送迎車サービスをしている店舗もありますので、夏の暑い日や雨の強い時、冬の寒い時などは、送迎車を利用したほうが良いと思います。
徒歩で向かう場合は、堀之内へは駅の東口を左に出たら「市役所」を目指してください。市役所の前を通りコンビニ手前で左に曲がり、「稲毛通り」に向かってください。そこから真っ直ぐ進むと10分くらいでソープ街に辿り着くことができます。
南町に行くには、駅の東口を右に出て「新川通り」を目指してください。しばらく行くと黒い外観の葬儀屋さんが見えてきますので、手前で右に曲がりましょう。カプセルホテルとカニの看板が目印のお店がありますので、その間に入ると、南町のソープ街に8分くらいで辿り着けます。
送迎サービスをおこなっていない店舗に行く場合、金銭的に余裕のある人は、タクシーで行ったほうが間違いもおこらず良いと思います。意外とソープ街に行くためにタクシーを利用している人も多いので、行きたい店舗の位置が分からない場合は、恥ずかしがらずに利用してみましょう。

川崎における風俗経営会社別勢力図

川崎には、堀之内と南町といった感じで2つのソープ街がありますが、堀之内の店舗は川崎堀之内特殊浴場協会の加盟店と、川崎堀之内新ソープ協会の加盟店になっています。また、南町は川崎南町特殊浴場協会の加盟店になっています。ここでは、その会社別の勢力図をお伝えしていきましょう。
まずは、現在16店舗の営業となっている、少ないほうの南町エリアの情報からです。南町では、京都グループの6店舗。角海老グループの1店舗。エルカーヒルグループの1店舗。ビッグバード姉妹店の2店舗。他グループに所属してはいない6店舗が軒を連ねています。
次に堀之内エリアの情報です。川崎堀之内特殊浴場協会の加盟店になっているグループについての情報からお伝えします。ここでは、トゥルースグループの5店舗。コムグループの3店舗。STARグループの2店舗。特別室グループの1店舗。他グループに所属していてない12店舗の会社別勢力となっています。
川崎堀之内新ソープ協会の加盟店は、ヤンググループの6店舗。LUXURY系列の6店舗。京都グループの3店舗。プリンセスグループの2店舗。ジュエルグループの2店舗。ハーレム系列の2店舗。角海老グループの1店舗。ドルチェの姉妹店が1店舗。川崎堀之内No.1ソープCLUBageha~あげは~グループの1店舗。他グループに所属していない7店舗といった会社別勢力となっています。
このように、南町では16店舗が営業をし、堀之内では55店舗と多くのソープが経営をしているのです。グループ会社の場合は、店舗自体も近い場所に建っている場合も多く、激安店、大衆店、中級店、高級店と全ての利用料金の店舗がありますので、手持ちの料金によってはランクアップしたりランクダウンしたりして遊ぶことも可能です。あなたにあったソープで遊んでみると良いでしょう。

まとめ

川崎は江戸時代と古くから、風俗街として有名なところです。そしてマットプレイの発祥の地としても、ソープに関しては有名になっています。ソープ嬢の質やサービスも満足できてリピーターの方も非常に多いので、遊びに行って、そのテクニックを存分に楽しんでみてください。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。