• > 
  • 川崎のソープに行くならここ!

川崎のソープに行くならここ!

川崎は、その独特な歴史から、現在でも日本屈指のソープ街となっています。
堀之内と南町といった感じで2つの区域に分かれていて、どちらもレベルが高く満足できる店が多くあります。ここでは、川崎のソープについての話。そして、初心者が利用するなら?といったことを紹介していきます。参考にして、最高の時間を楽しんでみてください。

川崎にあるソープはどういったものがある?

川崎のソープは、川崎駅を降りて堀之内と南町といった感じに別れていて、どちらでも楽しむことができます。堀之内には、2017年現在は、堀之内には55店舗、南町には16店舗と多くのお店があり、ソープは「風俗の王様」と呼ばれることも多く、唯一、本番行為(セックス)が店舗によって許されている風俗になります。
大きく分けると、格安店、大衆店、中級店、高級店といった感じで分けることができます。どういった違いがあるのかと説明をしますと、料金体系の違いとコース時間、サービス内容の違いといった感じで分けられています。利用するにあたって、入浴料とサービス料の2つの料金を払うことで楽しむことができます。
入浴料というのは、浴場と部屋を借りるためのもの、サービス料というのは、ソープ嬢がお客を楽しませるためにおこなってくれる行為に対しての料金だというふうに考えておくと良いでしょう。サービス料は、主に入浴料の2~3倍の料金が必要になる場合が多いです。
実際に利用する場合には、ホームページなどを確認すると思われますが、総額と表示されているところと、入浴料と表示されているところがあると思います。この総額とは、入浴料とサービス料が入った料金を表しています。主に、格安店や大衆店の場合は総額となっている場合が多いです。中級店や高級店の場合は、いろいろな決まりもあって、入浴料だけしか表示されていないと考えておくと良いでしょう。
利用時間の違いとしまして、格安店の場合は40分から60分の時間で30000円未満。大衆店や中級店は90分から100分の時間で30000~50000円程度。高級店の場合は110分~130分の時間で6万円以上といった感じに分けられています。
サービスの違いとしまして、格安店の場合、時間の都合上マットプレイは無いものと考えておいてください。大衆店と中級店が基本的に店舗数も多く、時間が長いところではマットプレイや椅子プレイ、潜望鏡などの大抵のサービスを受けることができます。
高級店の場合は、部屋に入ってすぐの即フェラや即本番、コンドーム無しや中出しOKといったサービスをしているところも多いです。ソープ嬢が若く、キレイでスタイルのいい子が多いといった特徴もあります。

初心者ならどのような店舗に行くべきなのか

初心者が利用する場合なら、やはり総額が30000円以下と安めな大衆店に行ったほうが良いでしょう。大衆店の場合は時間も短く、コンドームも使用しますので性病に感染する心配も少なくて済みます。ただし、時間の都合上マットプレイは無いものと考えてください。マットプレイとは、ソープ嬢とお客様がローションまみれになって、オッパイや全身を使っておこなわれる、マッサージのようなものです。
金銭面的に余裕がある場合には、総額が50000円前後の中級店が良いと思います。中級店の場合は100分前後と長めの利用時間になりますので、マットプレイを楽しむことができます。
初心者がミスしがちなこととしまして、ソープ嬢の顔やスタイルのほうを意識しがちだというところです。ソープは「美人を抱けるところ」「オッパイが大きくて細身の女性を抱けるところ」と、初心者の場合は勘違いしている人が多いことかと思われます。しかし、男を喜ばせるためのテクニックを味わえる場所だという認識をしておいたほうが良いです。
もし、初めて利用することになった場合は、「ソープは初めて」だということを伝えて、ソープ嬢に身を預けてください。それから、プレイ中は笑顔でフランクに接してみましょう。ソープ嬢も一人の女性ですので、ムスッとした感じでプレイを受けていれば、プロだとしても気分を悪くしてしまうかもしれません。笑顔で接することで、気持ち良く楽しい時間をソープ嬢から与えてもらえるようになれます。
初めて利用する人の中には、ヘルスなど他の風俗よりも高い料金を払っているといったこともあり、ソープ嬢に対して無理な行為を強要する人もいます。場合によっては退店となりますので、嫌がることは強要しないようにしましょう。また写真や動画を撮るということはしていけませんので注意してください。
もし、童貞だとしても、その旨をハッキリと伝えたほうが良いです。そうすることで、ソープ嬢は優しくエスコートして、セックスを楽しませてくれるようになるでしょう。

川崎のレベルは高い!?

川崎のソープのレベルは高いのか?といった疑問に関してですが、間違いなく高いと言えます。その理由は、街の歴史から伝えなければなりません。
東京の吉原には及びはしませんが、遠い昔から川崎には多くの遊郭がありました。東海道などの宿場町となっていて、旅籠と呼ばれた旅館も多くあり、その一方で遊郭もあり、男達の心と体を癒やしてきました。ですが、時代の流れから川崎の遊郭は無くなります。
その後、川崎競馬場が作られたことや、工業誘致によって多くの労働者が街に住み着いたこともあり、自然に売春街となっていき、その名を知られていくようになります。昭和38年に売春防止法が施工されたことによって、売春街としての街では無くなることになります。ですが、その後、吉原などで流行ったソープの前進となっている、トルコ風呂が川崎でも例外なく流行り、また歓楽街としての活気を取り戻したのです。もちろん、各地での競争も激化してきます。そんな中、「泡踊り」と呼ばれた、現在のマットプレイが川崎で発祥し流行しました。
当時はエアマットの上に石鹸から作った泡をソープ嬢が身にまとって、ぬるぬるになって客と密着して肌の触れ合いを楽しんでいたとのことです。その珍しいプレイを受けてみたいと、全国から多くの男性が、そのテクニックを味わいに来たと言われています。それから、現在に渡って、その男を喜ばせるテクニックは脈々と受け継がれています。
現在では、神奈川県の条例もありソープの新規出店は非常に難しいものとなっています。ですので、昔からの高い名声もあり中級店や高級店も多い川崎では、ソープ嬢も厳選されています。中級店の場合は、やはり若くて可愛いといったことは採用の基準となっているようです。高級店では、顔やスタイルが良いだけでは採用されません。お客様に対する最高のもてなしができそうにない人は、勤めることができないのです。
ソープ嬢に採用された場合は、どの店舗でも元ソープ嬢によって男を喜ばせるテクニックを教えられることになります。つまり、脈々と受け継がれてきたテクニックを楽しめることができ、容姿端麗なソープ嬢も多いといったことから、川崎のソープはレベルが高いといっても過言ではないのです。

まとめ

これで、川崎のソープのことは分かっていただけたかと思います。自分の身の丈にあったところにいき、そのテクニックを堪能してみてください。初心者の場合は、去勢を張ることなく、ソープ嬢に対して「初めてだ」といったようなことを伝えて身を預けてみると、最高の時間を得ることができるでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。