• > 
  • 川崎のソープ価格を徹底比較!

川崎のソープ価格を徹底比較!

川崎には、多くのソープが軒を連ねています。そこで、初めて遊びに行く場合には、どれぐらいのお金を持っていけば楽しめるのか?分からない人も多いことかと思われます。ここでは、そういった利用価格や歴史的な話をしていきます。参考にして、最高の快楽を得るために遊びに行ってみてください。

ソープの最低価格はいくらなのか

ソープは他の性風俗よりも、高い性風俗だといったイメージを持つ人は多いと思われます。では、一番最低の価格の場合はいくらなのかと言いますと、入浴料とサービス料を含めた総額で、たった12,000円で遊べるところがありますので紹介します。それは格安店といった分類になっているお店のことです。
なぜ、そんなに安く遊べるのか?と思う人もいると思われますので、そのシステムに関して説明をします。格安店と呼ばれるところは、利用時間も短く30分~40分といった感じになっています。そういったことから、どちらかと言えば回転重視にして、たくさんのお客様を楽しませることで、女の子は稼ぎを出しているといったワケです。
先程、入浴料とサービス料といった話をしましたが、入浴料とは受付で支払う部屋代のことです。サービス料とは、女の子がお客様を楽しませたことでいただく代金といった感じで考えてもらえば分かりやすいと思います。正確には、使うローションや飲み物代を差し引いた分がサービス料として、女の子に手渡されることになっています。
ですので、たくさんのお客様を相手にして、効率よく稼いでいる女の子が多いところが格安店といったところになります。利用時間が短いといったこともあり、部屋に入った後の即尺と呼ばれるフェラチオなどはありませんし、マットプレイなども無いと思っておいてください。ソープと言えば、潜望鏡や椅子プレイをイメージする人もいるかもしれませんが、そういったサービスも残念ながら無いと思っておいたほうが良いでしょう。
基本的には、すぐ風呂に入って女の子から身体を洗ってもらい、拭いてもらったら直ぐにベッドインする感じの流れになっています。とにかくセックスをして気持ち良くなりたいといった場合は、12,000円くらいで遊べる格安店で楽しんでみると良いでしょう。

川崎ソープの平均価格は?

川崎ソープの平均価格は?といったことが気になる人も多くいるかと思われます。
その前に川崎は、なぜソープ街として有名になったのかを説明していきましょう。江戸時代には宿場町として名を馳せたこともあり、その当時は遊郭も多くあったと言われています。その遊郭も時代の流れと共に世の中から無くなっていきました。それから長い時間が過ぎて、国立競馬場ができたことと工業誘致によって、多くの男性労働者が住み着くようになりました。そういったこともあり、その当時は、いつのまにか売春街として名を馳せることになり、再び歓楽街として賑わうようになったのです。
ところが1958年に売春防止法が施工されたことによって、再び歓楽街は無くなってしまいます。その数年後、各地でトルコ風呂と呼ばれる特殊浴場のサービスが人気になります。川崎でも例外なく店舗が開かれ、その中で「泡踊り」と呼ばれる、現在のマットプレイに当たるテクニックが発祥され人気になり、情報は瞬く間にひろがって全国の性風俗ファンが訪れるようになりました。現在、川崎には堀之内と南町の2つの区域に分かれて、ソープ街があります。堀之内には55店舗が軒を連ねていて、南町には16店舗が軒を連ねています。
格安店から高級店まで、さまざまな営業形態のサービスをおこなう店舗がありますので、その利用価格を説明しましょう。先程も説明をしましたが、格安店なら総額で12000円~13000円くらいで楽しむことができます。大衆店は総額で30000円程度。中級店は総額で40000円から50000円程度。高級店では総額で60000円以上といった感じで楽しむことができるようになっています。そういったことから、川崎のソープで遊ぶ場合の平均価格は、40000円程度と考えていただければ良いのではないでしょうか。

他風俗エリアと川崎の価格比較

他の風俗エリアと川崎の価格比較といったことを説明します。比較対象する場所にもよりますが、川崎のソープはマットプレイ発祥の地といったこともあり、現在でも、その伝統が脈々と受け継がれていますので、利用価格は高いほうだと言っても過言では無いと思われます。
それから格安店や大衆店も多いので、遊びやすい場所でもあります。ですが、東京にある吉原は遊郭としても日本一だったこともあり、多くのソープが軒を連ねていますので、利用価格は高いところが多くあります。そして、歌舞伎町にも多くのソープがあります。そちらも日本一の歓楽街となっているので、多くの店舗が軒を連ねています。立地的な条件もあって利用価格にしても安いものではないと考えておいてください。
また、地方にある風俗エリアにも、多くのソープがありますが、川崎よりは安い利用価格で遊べるところが多くあると考えて良いでしょう。川崎の店舗の強みとしましては、多くの店舗が軒を連ねていることで、どの店も競争をしていてサービス重視で営業をしていることです。中級店や高級店の場合は、女の子も吟味されて採用されていますので、他のエリアよりもキレイで可愛い顔立ちをしていて、スタイルもモデル並みの体型をしている子しか採用されていません。
さらに、接客をするための敬語や作法をしっかりと身に付けていなければ、採用されることはありません。たとえ、大衆店で人気があるとしても、中級店や高級店には採用されることが無いと言われています。そういった粒ぞろいの女の子から、長い時間サービスをしてもらえますので、すでに大衆店まで経験している、ソープが大好きだといった方は、中級店や高級店を利用してみるのも良いでしょう。
このように、川崎のソープでは、他エリアよりも誇りを持って営業していることが分かっていただけたのではないでしょうか。

まとめ

ここでは、格安店では12000円程度で遊べること。川崎で遊ぶ場合の平均価格。そして他エリアとの価格比較をしてきました。伝統のある歓楽街となっていますので、みなさんも遊びに行ってみてください。気持ち良くて楽しい、プライスレスな時間を堪能できるのは間違いないでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。