• > 
  • ソープランドを営業するために必要なものは?

ソープランドを営業するために必要なものは?

ソープランドは本番行為が可能ではあるものの、実は、国としては表立って性行為を認めているわJ家ではありません。ここでは、ソープランドの法律上の位置づけや出店に関する話をしていきたいと思います。なるべく分かりやすく紹介していますので、興味のある人は確認してみてください。

法律上での位置づけとは?

ソープランドの法律上の位置づけは、「店舗型性風俗特殊営業」というものにあたります。また、風俗営業法においては俗に言う「1号営業」といったものにあたります。公衆浴場法では「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されていて、公衆浴場としての条件も満たす必要がある、と記されており、保健所からの検査も入るようになっています。なお、風俗営業にあたりますので、18歳未満のお客様は立ち入りが禁止されています。また、従業員も18歳未満は雇えないことになっています。

かつては「個室付き特殊浴場」と呼ばれていた時代もあり、簡易のサウナ設備の設置が義務付けされていたこともありました。ソープランドは唯一、本番行為が問題にならないサービスになり、仕組みは少し複雑です。女の子はサービス料金をいただいて、ローションや避妊具などを管理する個人事業主のような扱いになっており、ここまで建前をつくりあげることで店舗での管理売春ではなく、双方の自由意思のもとで本番行為がおこなわれたといった形になっているのです。難しい話ではありますが、店舗側が命令して本番行為をさせているワケでは無いといったことで、売春行為にはあたらないという理屈になっています。

また、ソープ街となって店舗が密集しているようなところも多くあり、ソープランドは各協会や各組合といったところに入って経営をしている店舗がほとんどです。法律に抵触する可能性が高い商売ではありますが、ソープ街があるところでは地方自治体としての税収のひとつにもなっている場合も多く、密かに貢献しているといった面もあります。このように、もともとソープランドは売春防止法が施行されたために全国各地に広まったものでもありますので、問題なく安心して遊ぶことができるのです。

公衆浴場法とは何か

ここでは「公衆浴場法」というものについて詳しく説明をしていきます。公衆浴場法は1948年の7月12日に施行された法律で、公衆浴場の経営について規定した法律のことを言います。公衆浴場を経営する場合には、都道府県知事の許可が必要となり、営業者に対しては公衆衛生や風紀の取締など、一定の義務が課せられています。もしも違反をした場合には営許可を取り消されるだけではなく、刑事罰が課せられることもあるのです。公衆浴場の定義について、厚生労働省は2つの分類を定めています。

ひとつは一般公衆浴場。もうひとつは、その他の公衆浴場です。一般公衆浴場はいわゆる性的サービスのない、地域住民のための公衆浴場のことを指します。日常生活において保健衛生上必要なものとして利用されている施設のことを、一般公衆浴場と言います。その他の公衆浴場は、保養や休養を目的とした公衆浴場のことを指します。ヘルスセンターや健康ランド、ゴルフ場やスポーツ施設に併設された浴場、工場などに設けられた福利厚生のための浴場、サウナや個室付き公衆浴場、介護施設などの移動入浴車やエステなどの泥風呂などが、その他の公衆浴場とされています。また、旅館やホテルの浴場に関しては、旅館業法などにあたるので、公衆浴場法とは違うものとなっています。つまり、ソープランドは、その他の公衆浴場といったものに分類されているのです。トルコ風呂と呼ばれていたような古い時代には、個室内にサウナ設備が必要だったといった話もあります。現在の法律上は、サウナは設置していなくても営業可能なのですが、今でも、その名残があるところもあり、使われることが少ない簡易のサウナ設備が置いてあるところもあります。

女の子にサウナがないかと聞いてみるのも面白いかもしれません。先にも伝えましたが、現在では協会や組合に入っている店舗が残っている形となっていますので、そのルールに則って、健全に経営を続けているところがほとんどとなっています。組合などに入っていない店舗に関しては、もぐりの可能性もあるので注意したほうが良いでしょう。

具体的にどういう手続きや書類が必要なのか

ソープランドを営業する場合には、法律上いろいろな決まりがあります。ここでは、具体的にどういった手続きや書類が必要なのかを説明していきましょう。まず、公衆浴場を営業する場合には、都道府県知事による許可をもらえなければ出店することはできません。出店が許可されるには、「設置場所関係」と「構造設備関係」を守ることが前提とされています。まず設置場所関係についてですが、公衆浴場の設置場所が公衆衛生上不適当な場所であるとされた場合は、許可は下りないことになっているのです。

近年では、各自治体の条例によって、ほとんどの地域では新規出店ができない状態になっています。さらに、もともとソープランドを出店できない地域が都道府県によって「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施工条例」で決まっており、わかりやすいとことでは学校のそばにはつくることができません。ただし、都道府県のレベルでは禁止されていたとしても、地域で許可されているところもあります。次に構造設備関係についてですが、公衆浴場の構造設備が公衆衛生上不適当とされた場合には、営業許可は下りないことになっています。現在では新規出店はなかなか厳しい状況となっており、現在この業界で新規出店といえば、もともと許可を持っている店舗が他にあった店舗を借りたりして改修を行うかたちが主流となっています。また、全面改修は新築とみなされ許可が下りないことになっていますので、内装と外装を別の時期に改修して対応している場合が多いようです。

また、営業許可を継承する場合には、そのための書面を都道府県知事に提出しなければならないといったこともあります。風俗営業法においては、「届出制」と「許可制」があります。ソープランドなどの性風俗は「届出制」となっており、キャバクラなどの風俗は「許可制」となっています。届出制の場合は、都道府県知事などに届出をしたら出店許可が下りることになっていますが、許可制の場合は、その後審議されて問題がない場合は出店許可が下りることになっています。届出制のほうが楽に許可が下りるように感じますが、性風俗店の場合は許可制同様、その後は厳しい現地調査と予備審査があります。さらに保健所からの関与もありますので、ソープランドの出店は簡単ではないことを覚えておいてください。厳しい審査に合格しているからこそ、安心安全で遊べるようになっているのです。

まとめ

ここでは、ソープランドを経営するために必要な法律上の手続きについてお話ししました、ソープランドがいかに厳格な基準によって運営されているかがおわかりいただけたのではないでしょうか。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。