• > 
  • ソープ嬢からNG客に認定されないために気をつけるべきこと

ソープ嬢からNG客に認定されないために気をつけるべきこと

いくらプロであっても、女の子だって人間です。
男性から極端にひどい態度をとられたのでは、無意識のうちにサービスの質が下がってしまうこともあるでしょう。
ソープランドに何度か通い詰めて、ソープ嬢の態度がどこかよそよそしく感じられるときは、いったん冷静になり、自分のプレイを振り返ってみましょう。
そこにはきっと、NGや出禁にならないためのヒントがあるはずです。

極端に不衛生だと嫌われる可能性大

ソープ嬢がいちばん嫌がるのは、とにかく不潔な男性です。
男性のほうも立場を入れ替えて考えてみればわかることで、体をろくに洗っておらず異様なにおいが漂う女性の乳首やアソコを愛撫しろと言われたら、どんなにエッチ好きな男性でも萎えてしまいますよね。
考えてみれば当たり前のことですが、いざソープランドに行ってお金を払うと少なからずお客様意識がはたらいてしまい、ごく普通のマナーやエチケットを忘れがちになります。

ソープランドに行く前には必ず自宅のお風呂で全身をきれいに洗い、お風呂上りにはさりげなく香水でもつけましょう。
高級店では個室に着く前にエレベーターなどでフェラチオをされることもあるため、特に陰部は念入りに洗っておかなくてはなりません。
誤解されがちなことですが、ソープのシャワーは女の子とイチャイチャするためのスペースであって、本格的に体を洗うための場所ではありません。
ボディだけでなく口臭も要チェックで、口がくさい相手とキスしたくないのはたとえ仕事であっても同じことです。
自宅で歯磨きをすませておくのはもちろんのこと、普段からコーヒーを極力飲まない、サービスが終わるまでは何も食べない、などの配慮をすることで、口腔内を清潔に保ち、不快な臭いをふせぐことにつながります。

いろいろと注意点を挙げましたが、要するに、プライベートのセックスと同じだと思えばいいのです。
本当に大切な人とベッドをともにする時、ごく自然に体を清潔にしたくなりますよね。
そのモチベーションでソープ嬢とのセックスに臨めば、最低限の準備も苦にならないのではないでしょうか。

店外デートを強要するまたは乱暴で横柄な態度を取るのはNG

ソープ通を自称する男性の中には、ある程度仲良くなったソープ嬢に店外デートを持ちかける人がいます。
女の子を店外デートに誘うことができればほとんど無料でエッチができるという算段なのでしょうが、現実はそれほど甘くありません。
そもそも、ソープ嬢をお店の外に誘う行為はどのソープランドでも禁止されており、見つかった場合はお客と女の子双方に相応のペナルティが課されます。
女の子のほうもみすみす職場を失いたくないので、そう簡単には店外デートに応じてくれません。
最初のうちはやんわりとかわされる程度ですが、しつこさの度が過ぎれば本格的にNGを出されることになります。
場合によっては、お店から「うちの大事な商品に傷をつけた」などと因縁をつけられ、本来のサービス料金どころではない法外な罰金を科されることもあります。

このように、ソープ嬢との店外デートがかなう見込みはほぼゼロに等しいのですが、ごくまれに女の子のほうからデートを持ちかけてくる場合があります。
しかし、ここが思わぬ落とし穴。
女の子のほうもタダでエッチをさせるほどお人好しではなく、そこには何らかの見返りがからんでいることがほとんどです。
はっきりとした相場はありませんが、少なくともお店の正規料金と同等のお金は要求されると考えておいたほうがいいでしょう。
大前提として、女性に対してお金を払ってセックスをするのはれっきとした売春であり、それは相手がソープ嬢であっても変わりません。
どんなに腕のいい女性シェフを見つけたとしても、同じ味を家でつくってほしいとは頼みませんよね。

相手がソープ嬢となるとそんな基本的なモラルも忘れてしまうのは、無意識のうちに風俗の女の子を軽く見ているから、とも考えることができます。
風俗嬢を本当の意味でプロフェッショナルとして尊敬する気持ちがあれば、軽々しく店外デートに誘うこともないでしょうし、お店の中で極上のサービスを最大限に満喫しようとするはずです。

ストーカー行為や営業に支障をきたすメールの過剰送付

風俗遊びにあまり慣れていない人は、ソープランドで女の子からやさしくされただけで心から舞い上がってしまい、お気に入りの女の子にとことんまで入れあげてしまうケースがあります。

このタイプの男性は最初のうちはおとなしくて礼節もあり、誠実そうなので女の子もつい油断してアドレスなどを教えてしまいますが、それが男性を勘違いさせることになり、「あの子はやっぱり僕のことが好きなんだ」と思い込んだ男性は次第に行動をエスカレートさせ、メール攻撃では飽き足らずに自宅の追跡やつきまといなどの迷惑行為を見せるようになります。
さすがにここまでくると女の子も恐怖を感じ、お店に相談しますが、すでに個人アドレスや住所を知られているためたんにお店を辞めただけでは解決にならず、最終的には法的措置に訴えることになります。

女の子に拒絶されたからといって、お店に大量のメールを送りつけてはいけません。
はじめのうちは女の子の出勤日と時間を問い合わせる程度だったのが次第にエスカレートし、女の子の個人的な趣味や男性経験、住所などのコアな情報まで聞き出すようになります。
お店としてもコンパニオンの個人情報はむやみに教えられませんので、適当なところでメールを無視することになりますが、無視という行動そのものか男性をよけいに逆上させ、さらに度を超えた妨害行為に進ませることになります。

メールの過剰送付だけでも一歩間違えれば犯罪行為ですが、より悪質なケースでは女の子に冷たくされた腹いせにお店へのメールにウィルスを仕込み、サーバーを停止させるということも実際に起きています。
これらは結局、男性のほうに女性に対する免疫がないことが原因であり、ソープ以前にリアルな世界での恋愛経験を積むことによってコミュニケーションスキルが高まり、ソープ嬢の扱い方もわかってくるはずです。

まとめ

ソープの女の子はやさしくて我慢強いので、ちょっとやそっとのことでは簡単にNGを出しません。
けれど、それに甘えて常識をはずれた行為を繰り返しはたらいてしまうと女の子もいつか限界を超え、二度とそのお店では遊べなくなります。
お気に入りのお店を失いたくないのであれば、女の子に対するマナーをきちんと守り、紳士的に接するようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープランドの公式ホームページをご確認ください。