• > 
  • 人知れずソープランド嬢が抱える悩みとは

人知れずソープランド嬢が抱える悩みとは

究極の肉体労働ともいえるソープ嬢。
世間的にはあまり日があたらない職業であるだけに、そこで働く女の子たちは日々人知れず悩みを抱えており、溜め込んだストレスが体に表れてしまう場合もあります。
利用する立場としては、女の子の気持ちを優先し、お互いに負担のないプレイを心がけるのがマナーというものです。
ソープ嬢のリアルな悩みを通して、高収入の裏に隠されたソープランドの日常を探っていきます。
裏事情を知ることで、ソープ嬢にやさしくできるかもしれません。

雑で乱暴なプレイをする客が多い

ソープの常連客は女の子の悩みも理解しているので、あまり無理な要求をせず、紳士的な態度で女の子に接してくれます。
ただ、残念ながらそのような良識ある礼儀正しい人ばかりではないのが実情で、女の子の気持ちを考えず自分の都合だけで強引なプレイを要求したり、痛みをともなう行為を強行する客も少なくないといいます。

たとえば、女の子がまだ充分に濡れていないのに無理やり挿入したり、必要以上にフェラチオを要求したりといったことが実際に起きています。
ソープランドでは男性スタッフが待機していますが、個室であることに変わりはなく、女の子のほうも全裸なので抵抗する術がないのです。
なかには、要求を拒絶してしまうとそれ以降指名がもらえなくなると考え、苦痛でしかないプレイであっても仕方なく笑顔で受け入れてしまうケースもあるようです。

いくらお金を払っているとはいえ、お客のほうにもマナーはあります。
たとえローションをつけていても、女の子自身が濡れていないうちに無理やり挿入したのではやはり痛いですし、サービスどころではありません。
女の子もプロですから露骨に嫌な顔はしないと思いますが、人間ですからその後のサービスで若干手を抜いたり、よそよそしい態度を見せたりするかもしれません。

出禁になりたくなければ、男性のほうもマナーとモラルを守り、女の子を逆にイカせてあげるぐらいの余裕をもちましょう。
慣れないうちは恥ずかしいかもしれませんが、洗体プレイが終わった後に女の子のアソコをたっぷり舐めてあげたり、いやらしい言葉で責めてあげたりすると女の子も興奮して濡れやすくなります。
敏感な女の子であれば乳首を軽く指でなぞっただけで感じてくれます。
充分に濡れた状態でのセックスはやはり奥まで入りやすくなりますし、アソコの締まりもよくなるので快感も倍増します。

本番を強要する客が多い

ソープランドなんだから本番をするのは当たり前と思われるかもしれませんが、それは違います。
本番、つまりセックスは本来、きわめて情動的な行為であり、男性と女性のモチベーションが一致していなければ最高の快感は得られません。
男性のほうも、プライベートでのセックスでは相手の女性のコンディションに配慮しても、ソープランドとなるとどうしてもお客様意識がはたらいてしまい、自分本位の一方的なプレイばかりをもとめがちになります。

女の子のほうも性のプロフェッショナルとしてお客様の希望には誠心誠意、最大限にこたえようとしますが、挿入となるとフィジカル面での準備が大きく関わってくるため、うまく濡れなかったり思うように締まらなかったりと目に見えるかたちでミスマッチが起こってしまいます。
女性の体は、男性が思っている以上にデリケートで正直なのです。

そもそも、ソープランドは本来セックスが目的のところではありません。
お風呂を利用している途中で女の子に興奮してしまい、同意のうえでセックスをする、というのが法律上の建前になっていますので、男性のほうもそのつもりで、まずは女の子とのコミュニケーションを優先してみてはいかがでしょうか。
コミュニケーションに力を入れると、女の子のほうも自然に気持ちが盛り上がり、サービスにも積極的になってくれるかもしれません。

また、最初からエッチ目的ではないことが女の子に伝わるため、たとえ一瞬でも疑似恋愛的な雰囲気を作り出すことができ、本物の恋人同士のようなセックスを楽しむことができます。
ソープ嬢は決して、高収入とひきかえに愛のないセックスをするロボットではありません。
ひとりの女性としてきちんと尊敬し、気持ちを尊重する心構えが男性側にあれば、いきなり挿入をもとめる、などという無茶な行為は減っていくでしょう。

ソープランド嬢がされると嬉しいこと

ソープ嬢にとってうれしいことは究極のところたったひとつ、ひとりの女性としてエスコートされる、ということしかありません。
ただ、現実的には必ずしも紳士的なお客ばかりではなく、冷静に考えれば女の子にとって不快でしかないプレイを平気で押し付ける男性もいます。
特に若い男性はいわゆるAVの影響を受けているのか、女性の体に負担がかかるアクロバティックで不自然な体位ばかりを要求したり、女性の顔面に思いきり精液を放出したりという行為が見られるようです。

さらにひどいケースでは、女性の気づかないところでコンドームをはずし、そのままの状態で膣内に射精するというパターンもあります。
いわゆる生の感触とコンドームありの感触ははっきりと違うため女性もすぐに気づくのですが、上に乗られた状態では容易な力でははね返すことができず、お客にきらわれたくないという意識がはたらいて仕方なく膣内射精を許してしまうという流れがほとんどだそうです。
予期せぬ膣内射精は妊娠のリスクが高まるため、たとえソープであっても絶対にやめましょう。

反対にソープ嬢が喜ぶのは、スローテンポのプレイです。
元来、女性の体というのはデリケートにできており、そう簡単に濡れるものではありません。
まずは髪の毛、首筋、おっぱい、乳首、脇、下腹部と少しずつじらすように愛撫していくことで女性の期待感が高まり、いつも以上に濡れやすくなります。
下腹部まで進んでも、いきなり本丸のクリトリスを愛撫してはいけません。
脚の付け根から外陰唇の周囲も性感帯となっており、ここのラインをまんべんなく円を描くように舌でなぞることで興奮がよりいっそう高まり、性的なフェロモンが大量に分泌されます。

このように、女の子が本気で感じているサインが確認できてはじめてさりげなく挿入にうつるようにすると自然なセックスになり、お互いに気持ちいい瞬間をむかえることができます。

まとめ

毎日のように体を使っているソープ嬢。
高収入だからと言って、どんなプレイでも喜んで受け入れてくれるわけではありません。
まずはお客様意識を捨て、大切な女性と一夜を過ごすつもりでエスコートをすれば自然とプレイも丁寧になり、女の子も気持ちよくなってくれるはずです。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープランドの公式ホームページをご確認ください。