• > 
  • あなたはソープ派?ヘルス派?

あなたはソープ派?ヘルス派?

初めて性風俗店を利用しようと考えている人の中には、ソープが良いのか?それともヘルスが良いのかと迷っている人もいることでしょう。このページでは、その2つの違いについて、それから、どういった人が、どちらの性風俗店に向いているのかといったことを詳しく説明をしていきます。自分の趣味嗜好に合わせて、遊びに行ってみてください。

そもそもソープとヘルスの違いは?

ソープとヘルスの違いについては、「本番行為(セックス)」ができるかどうかの違いになります。それから、室内にバスタブがあるかどうかといった点も違うところです。ソープの場合は「特殊浴場」として、コンパニオンが男性の身体を流してあげるといった、お風呂屋さんという名目で営業をしています。その後、コンパニオンが男性に恋をしてしまい、自由恋愛としてセックスしちゃったといった感じの営業になっています。法律上では認められてはいないのですが、店舗側で認めており、暗黙の了解となっているので気にしないで利用してください。
基本サービスとしては、フェラチオ、マットプレイ、セックスといった感じで、何でもありになっています。格安店、大衆店、中級店、高級店といった感じにグレードが分かれていて、それぞれ時間や利用料金、サービス内容が違った感じの営業形態になっているのです。
ヘルスなど、ほとんどの性風俗の場合は「性風俗関連特殊営業」とされていて、ほぼ「届出制」となっています。ヘルスの場合は、「本番行為のないソープ」と考えると分かりやすいと思います。個室のある店舗に電話をして、直接訪問をし、女の子とイチャイチャするといった感じの性風俗です。基本サービスとしては、フェラチオ・手コキ・口内発射などとなっていて、射精することだけを楽しむものとなっています。オプションサービスによっては、コスプレやバイブの使用などといった違った楽しみ方もできます。
ですが、本番行為は店舗側が認めてはおりませんので、調子に乗って挿入行為をしちゃったといった場合は、罰金の対象や警察に連絡といったことになりかねませんので、止めるようにしてください。ヘルスでもセックスができたと言う話を聞いたりすることもありますが、手コキやフェラチオが疲れたからといった理由や、指名してくださる常連に対して、コンパニオンが勝手にサービスをしていることがほとんどですので、勘違いをしないようにしましょう。

ヘルスに向いている人とは

「主導権を握りたい。」「素人っぽい女の子と遊びたい。」といった人は、ヘルスに向いていると思われます。他にも、「とにかく抜いてもらってスッキリしたい。」といった人も向いていると思われます。ヘルスの場合は、先にも説明をしましたが、本番行為はできないと考えておいてください。手コキやフェラチオなどで、お客さまを楽しませる性風俗サービスになります。
ヘルスは、オプションが豊富なところも特徴のひとつで、コンパニオンがコスプレをして、制服や水着、メイド服やナース服など好きな衣装を着てもらえたり、コンパニオンへの鞭打ちやロウソク垂らしなどの本格的なSMの責めをおこなえるところもあり、主導権を握って、コンパニオンを喜ばしてあげたいといった人には、楽しめるところとなっています。
逆に「女の子からいじめられたい。」といった願望を持っている人にも、ヘルスはピッタリかもしれません。これはM性感風俗とも呼ばれるものがあるのですが、そこでは男性客に対してのアナル開発、寸止めといった射精管理、男の潮吹きなどをコンパニオンが体験させてくれるところもあります。
ヘルスの場合は、本番行為をしなくても良いといったこともあり、素人の女の子も普通にバイトをしていたりもしています。素人の女の子とイチャイチャしてみたいといった人も、特に楽しめるのではないでしょうか。
プレイ時間も30分からといった具合で店舗によって違いますが、2~3時間以上など長く遊ぶことも可能です。利用料金としましても、ソープの格安店より基本的には安くなっている場合が多いです。また、デリバリーヘルスも増えてきていて、ホテルや自宅にコンパニオンを呼べる形態のサービスも多くなってきています。
ソープに行くほどの持ち合わせも無くて、セックスはしなくても良いけど抜きたいといった人は、ヘルスを利用したほうが楽しめると思います。

ソープに向いている人とは

「何でもしてもらいたい。」「とにかくセックスがしたい。」といった人は、ソープが向いていると思われます。先にも説明をしましたが、店側の承認からソープは暗黙の了解で、本番行為をしても良いことになっています。
プロのコンパニオンとセックスを楽しみたいといった人には、おすすめの性風俗です。それから、「童貞の人」にもソープをおすすめします。理由としましては、くどいようですがセックスをしても問題にはならないことです。それから、ヘルスに比べると性病にかかる心配が、ほとんど無いといった点も挙げられます。
格安店や大衆店の場合は、セックスの際にコンドームを付けるところが、基本となっています。安心して大人の階段を1歩登ることができるでしょう。その際には、恥ずかしいとは思いますが、コンパニオンに童貞であることをしっかりと告げるようにしてください。去勢を張って、「初めて」だということを隠しても、ぎこちない愛撫をしたり、AVのような行為をしたりしてしまうことが多いと思うので、コンパニオンにはバレてしまうものです。あまり乱暴にしてしまうと、逆に怒られてしまって、その後のサービスは受けられないことにもなりかねません。
くどいようですが、「初めて」だということは伝えたほうが、最高のサービスを受けることができるようになるのは間違いありません。
ソープで童貞を捨てている人は意外と多くいます。コンパニオンは、そういったことに慣れていますので、逆に女性の喜ばせ方をしっかりと教えてくれます。そのテクニックを彼女ができたときにおこなってあげれば、彼女とも良い関係が続くようになれるのは間違いありません。童貞だとしても、そうでないといった人も、セックスがしたくなった場合には、ソープを利用するようにしましょう。

まとめ

ここでは、ヘルスとソープの違い。そして、どういった人が向いているのかを紹介してきました。結論としましては、本番行為が店舗によって認められているかどうかの違いになります。自分の趣味嗜好にあったところで遊んだほうが楽しいと思いますので、お好きなほうを利用してみると良いでしょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。