• > 
  • ソープランドとデリヘルの違いは本番の違い?

ソープランドとデリヘルの違いは本番の違い?

ヘルス・デリヘルは風俗の中でも勢いのあるジャンルで、多くの店舗が立地しています。反対にソープランドは新店を立ち上げるにあたって、厳しい規制は立地場所が限られている事から新店がオープンするのはほとんどありません。

しかしどちらのサービスも人気である事に変わりは無く、初心者からすればどんな違いがあるのか全く分からないものです。禁止事項の違いもあるので、これから風俗で遊びたいと考える方は特徴や違いを知って下さい。

 

デリヘルと箱ヘルの違い

まずデリヘルとヘルス、いわば箱ヘルの違いから説明していきます。箱ヘルは店舗型風俗で、プレイルームがありお客さんは店舗に足を運んでプレイを楽しみます。コンパニオンもお店で在籍するので、出勤の際も事務所で待機しているのがほとんどです。

デリヘルは無店舗型風俗と言ってプレイルームを持たない風俗サービスで、コンパニオンを在籍させる事務所はありますがお客さんをいれる事はありません。お客さんが指定した場所(ホテルやレンタルボックス)にコンパニオンが出向きプレイを楽しみます。どのサービスも全身リップ・オーラルセックス・素股がスタンダードコースです。

 

デリヘルで遊ぶ時の流れ

デリヘルで遊ぶ時はまずサイトを見て、遊びたいコンパニオンに目星をつけます。リアルタイムで出勤状況が確認出来たり写メ日記と言ってコンパニオンがミニブログの様なものを公開したりしているので、そこから選択します。決まったら店舗へ連絡し予約をします。

初心者はこの時点で取り決めや注意点を確認し、後は当日その場所へ行くだけでOKです。コンパニオンと落ち合ったら終了の時間までプレイを楽しめます。

デリヘル・箱ヘルどちらも金額に差は無く1万5000円~2万5000円が基本料金で、指名やオプションを追加していくごとに加算されます。オプションは事前に用意が必要なケースもあるので、予約の時点で申し出るとスムーズです。

 

ソープランドの特徴

デリヘルとは違い、プレイルームが店舗にあるだけでは無く豪華な作りになっているのもソープランドランドの特徴です。前者はベッドと簡単な手洗い場があるだけですが、入浴施設とベッドルーム、マットプレイを楽しめる様に少し広めに作られています。

ソープランドランドとデリヘルの違いは何と言っても本番行為の有無です。コンパニオンを個人事業主としているので、本番行為はコンパニオン個人の判断になるのでペナルティを科せられる事はありません。

高級店になるとコンドーム着用不要で、ナマでプレイを楽しめるのもソープランドだけの特権です。

 

ソープランドで遊ぶ時の流れ

ほとんどデリヘルやヘルスと流れは変わりませんが、店舗に足を運ぶ必要がありケースによっては送迎をしているので利用するのも良い手段です。説明や注意事項があるので出来れば予約時間の15分前には到着していると良いです。

コンパニオンと自己紹介が終えたら入浴設備を使って一緒にお風呂に入る事から始まります。この時に、展望鏡といったテクニックやマットプレイを楽しめるのはソープランドランドの特権です。

それらが終わったらベッドルームに移動して本番を含むプレイを楽しみます。お店によっては複数人プレイが可能ですので、リッチな気分を味わいたい方におすすめです。

 

まとめ

どちらも人気の風俗サービスですが、特徴や違いがあります。デリヘルは店舗にプレイルームが無くお客さんの指定した場所に呼ぶ事が出来るので、より恋人気分を味わえます。

ソープランドランドはラグジュアリーな内装で非日常的な感覚を味わいながらプレイを楽しめます。本番行為が出来るのが一番の特徴で、これが風俗の王様と呼ばれる理由です。
但し他のサービスに比べると高額な点はデメリットです。その点デリヘルはリーズナブルな価格で遊べます。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。