• > 
  • ソープランドは海外にもある?

ソープランドは海外にもある?

ソープランドが好きな方の中には、海外にもソープランドはあるのか?と気になる方もいることでしょう。ここでは、日本と海外の風俗事情について詳しく紹介していきます。小ネタが好きだといった方も楽しめる話となっています!とはいってもいくつかの注意点がありますので、海外へ行って風俗を利用する際には気を付けていただければとおもいます。

日本と海外の風俗の違い

日本と海外の風俗は違うものなのだろうか?と考えている方も多いのではないでしょうか?実は、まったく違うものとなっています。まず、日本の風俗では、本番行為をしても問題がない風俗店は、ソープランドしか無いといっても過言ではありません。実は、ソープランドの場合、女の子たちは店側から完全に雇われているといった訳ではなく、女の子たちは個人事業主のような感じでサービスをしていることが、他の風俗店とは違うといった感じになっています。

ですから、他の性風俗の場合は店側から雇われている形になっているので、店側が本番を強要した場合は、売春法違反にあたり問題になるのです。ソープランドの場合は、風呂に一緒に入った女の子が、サービスとして勝手にセックスしてしまったといった感じで、成り立っている商売になっています。そういった理由もあり、警察などからも問題になるといったことは無く、営業ができるのです。では、海外の風俗事情について、どんな違いがあるのかと言いますと、海外の風俗の場合は、本番行為は当たり前のものとなっていて、売春行為は問題視されてもいないような法律になっているのです。海外の女性はセックスをすることで男性客から対価として、お金をもらうことが当たり前といった話でもあります。日本でも、以前は吉原を筆頭として遊郭や遊女街が当たり前のように存在し、人気のある女性は太夫(だゆう)や花魁(おいらん)と呼ばれ、アイドルのような存在だったこともありました。

ですが、大正時代には遊郭や遊女街は無くなり、その後には、生きるために売春して生活をしている女性や店舗もあった感じになります。ところが、1958年に売春防止法が施工され、法律で厳しく禁じられるようになりました。そして、現在の風俗事情に至っている訳です。海外では本番行為を含めた売春には問題がなく、日本では禁止されているといったことを知っておいてください。

世界にはどんな風俗があるのか

それでは、世界には、どんな人気の風俗店があるのかを紹介していきます。まずは、よく日本人も旅行に行くと思われるマカオからです。マカオには「マカオサウナ」と呼ばれる、スーパー銭湯があります。そこでは、定期的にショータイムがあり、店内のひな壇にズラりと女の子が並びます。そこで氏名をした女の子と個室に移動して遊ぶといった感じになっています。タイには「ゴーゴーバー」「マッサージパーラー」と呼ばれる風俗があります。ゴーゴーバーはクラブなのですが、水着や全裸で踊っている女の子がいます。

そこで、店員に指名することで、自分の宿泊をしているホテルなどに連れ込む形になっています。マッサージパーラーは、日本のソープランドに近い感じです。女の子を写真指名するのではなく、ガラス張りの部屋にいる女の子を実際に見て選ぶといった感じになっています。シンガポールには「置屋」と呼ばれる風俗があります。店内には待機している女の子たちがいて、そこから好みの女の子を指名して、隣接された個室で遊ぶといった感じになっています。ここからは、欧米の風俗を紹介していきましょう。ドイツには「FKK」「エロスセンター」と呼ばれる風俗が人気です。ドイツの場合はセックス税と呼ばれる税金があり、売春婦は支払いをすることで営業することができるようになっています。FKKは、スーパー銭湯のようなところで、中には全裸の女性がいます。そして、客も全裸で入ることができ、女性の方から誘われる形で、気に入ったら個室で遊ぶといった感じです。エロスセンターは、部屋ごとに女の子がいて、気に入った女の子の部屋に入って遊ぶといった感じになっています。

オランダには「飾り窓」と呼ばれる風俗店があります。全面ガラス張りがしてある建物の中に女の子たちがいて、男性を誘っているといった感じです。気に入った女の子がいたら交渉をして、OKが出たら店内の個室で遊ぶといった感じになっています。ブラジルには「ボアッチ」と呼ばれるバーがあります。ここは出会い系バーといった感じになっていて、お酒を飲んでいると女の子に誘われ、交渉が決まったら、ホテルに連れ出せるとった感じになっています。このような、風俗店が海外では人気となっているのです。

日本人でも簡単に利用できる

海外の風俗事情については、ある程度知ってもらえたことでしょう。そこで、日本人でも利用はできるのか?といったことを疑問に思う方もいることでしょう。この話に関しては、日本人でも問題なく利用することはできます。お金さえ払えば、中国美女でも、ヨーロッパの金髪美女でも好きなだけ抱くことはできます。ですが、ひとつ注意してほしいことがあります。先に説明をしておりませんでしたが、実は、アメリカは日本とは比べ物にならないくらい、売春に関しては厳しくなっています。

唯一、ラスベガスがあるネバダ州では売春が認められており、そこにある売春宿でなら遊ぶことはできます。コールガールなどもありますが、利用したことがバレた場合は、犯罪に問われることになる場合もありますので、アメリカに行く場合には注意しておいたほうが良いでしょう。他にも、韓国でも、2004年に売春は禁止されるようになりました。未だに日本のような風俗店は生まれては消え、消えては生まれるといったことを繰り返しており残っていますが、利用する際には犯罪となる場合もありえますので、注意したほうが良いと思われます。最後に、他の海外では、売春は認められていて、セックスも当たり前にできることを説明してきました。ですが、ひとつ気をつけてほしいことがあります。それは、エイズなどの性病に関しては、海外の風俗では注意すらしていないことが多いといったことなのです。

そう考えた場合、海外の風俗を利用する場合は、性病に関しては意識しておいたほうが良いかもしれません。日本のソープランドで働く女の子の場合には、月に1度の性病検査は必ず受けなければ、営業できないことになっています。ですので、日本のソープランドは安心して遊ぶことができるのは知っている人も多いことでしょう。海外で遊ぶよりも、日本のソープランドを利用したほうが安心なのは確実ではあります。

まとめ

海外では、売春が認められている国が多く、日本でいうソープランドのような店舗も多いことは分かってもらえたのではないでしょうか。もしも、海外の風俗を利用したいといった場合は、性病に関しては注意するようにしたほうが良いでしょう。また金銭面のトラブルも少なくありませんので、店舗をしっかりと見極めた上で挑むのがよいですね。またお酒を飲んでいるとトラブルに会いやすいともいわれていますので、注意してください。