• > 
  • ソープの求人に年齢や体型の条件はある?

ソープの求人に年齢や体型の条件はある?

一口にソープランドで働きたいと思う女性にも、さまざまな事情があります。特に資格などはないけど高収入がほしい人から、仕事をしているけど、副業でまとまったお金を得たい、さらには資格取得を目指していて、勉強時間を確保しつつ効率よく働きたいなど。そんな女性たちにとって、短時間で効率よく稼げるソープランドはうってつけの仕事だといえます。

ただ、面接や仕事の内容が不安、容姿に自信がない、ある程度の年齢などの理由で、勇気が出ない人も多いと思います。
そんな女性のために、ここでは、ソープの求人に求められることや、面接の内容について解説します。

ソープで働く外見的な条件

ソープランドは男性客に対して性的なサービスを行う接客業であるため、働く女性にも一定の容姿を求められるのは事実です。
ソープランドにもプレイの料金を基準に、高級店、中級店、大衆店、格安店や激安店などがあります。特に高級店となると、モデル並みの容姿やスタイルと、接客態度にも気品や知性が求められます。
中級店、大衆店になると、外見的なハードルは低くなり、普通の容姿と、一定の接客能力があれば採用の可能性が高まります。
格安店になると外見的なハードルはより下がります。

基本的に大衆店あたりなら、普通の容姿を持つ女性であれば、清潔感などに注意し、他人に不快感を与えないよう心がけることで特に問題はなくなります。
また中には身体に手術などの傷やあざがあることを気にする女性もいると思われます。しかし身体の傷などはさほど大きなものでないなら、一部の高級店などを除けば特に問題になることはありません。

ソープランドの面接では、基本的にボディチェックがありますが、あくまでスタイルや身体の傷などの確認であって、現在ではほとんどの店で、全裸ではなく下着姿まで、また女性スタッフがチェックを担当するというケースが大半になっていますので安心してください。
またもし身体に傷などがある場合は、ボディチェックの前に素直に申告するといいでしょう。
仕事で大切になるのは誠実さです。店側も採用に当たっては、ささいな身体の傷よりも仕事に誠実な姿勢を重視するものです。

ソープで働くための心がけ

無事に採用されて働くことになったとして、ソープランドで働く女性コンパニオンは、基本的に個人事業主になります。
ソープランドの多くは、格安店などを別にすれば、客が店に払う入浴料と、女性に支払うサービス料が別個になっています。これは法律上、店は客とコンパニオンに個室を貸すだけで、個室内での出来事は客とコンパニオンのプライベートの関係という形式を保つためです。
そのため税金の申告などは個人で行わなければなりません。また個人事業主である名目上、コンドームやローション、歯ブラシなどの備品、性病検査の費用などはほとんどの場合、自費になります。

形式的なことはともかく、ソープランドの店とコンパニオンは雇用関係というより仕事上のパートナーということになります。
店側にとってもコンパニオンに人気が出ることは、店の利益にもつながります。そのため、コンパニオン側の希望するシフトや生理休暇、急な事情や体調不良による休みなどは、できるだけコンパニオンの意向を尊重します。

ただコンパニオン側も、ソープランドの仕事もひとつの立派な職業だということを忘れてはいけません。
客に不快感を与えない接客はもちろん、店や他の従業員に対しても、礼儀正しく常識ある態度が必要となります。
店側に問題があった場合に意思表示することはかまいませんが、遅刻や無断欠勤その他、働く上でのルールを破ることが論外なのは、普通の仕事と変わりません。
自分と店がお互い気持ちよく働け、互いの利益となるよう信頼関係を築くことは、どんな仕事にも共通するもっとも大切なことです。

熟女ソープとは

ソープランドで働きたいけど、すでに30代以上など、ある程度の年齢であることを気にする女性もいると思います。ただ実際にソープランドで重視されるのは、見た目の印象です。外見が若々しく、また清潔感ある印象に保っていれば、実年齢はさほど問題になりません。
吉原のソープランドで、コンパニオンがホームページなどに記載する公称年齢は、俗に「吉原年齢」と呼ばれることもあります。その真偽は別として、コンパニオンがすべて20代前半であることを売りにするなど、店のコンセプトで若さにこだわる店でもない限り、女性側が過度に若さを気にすることはありません。

どうしても年齢が気になる場合には、逆にコンパニオンが一定年齢以上であることを売りにした、いわゆる「熟女ソープ」と呼ばれる店もあります。熟女ソープといっても、店によって年齢層はさまざまで、20代後半からのお姉さんタイプを中心にした店から、30代半ば以降からになる淑女ソープ、人妻ソープを称する店もあります。
もちろん年齢が高いから店のランクが落ちるということもありません。ソープランドに来る客の嗜好はさまざまで、若い女性よりある程度の年齢の女性を好む客も多くいるため、実際に高級店で30代中盤以上の熟女に特化している店も存在します。
30代以上の女性であれば、熟女、淑女などをコンセプトにした店の求人を中心に探すのもひとつの方法です。

ぽっちゃり歓迎のソープとは

ソープランドで働きたい女性が気にする、もうひとつの大きな問題に、自身のスタイルがあると思います。いわゆる「ぽっちゃり」型から、肥満ぎみの体型では、はたして採用されるか、仮に採用されても人気が出ず稼げないのではないかと気にする人もいるでしょう。
しかし、世の中にはさまざまなタイプの女性がいるのと同じく、男性の嗜好も実際にはさまざまな種類があるものです。

一般的にも、モデルのようにスマートすぎる女性よりは、多少ふっくら、ぽっちゃりしている女性が好みだという男性は多いものです。
さらには見るからに太った女性を好む、俗にいう「デブ専」の男性も珍しくはありません。
そしてソープランドなどの性風俗店でも、ぽっちゃり体型に特化している店は多くあります。

こういう特化的な店では、他の店では満足できない客が集まるため、女性にとってもリピーターがつきやすいというメリットがあります。また所属している女性がすべてぽっちゃり型なので、引け目なく働けるというのも利点です。
ぽっちゃり専門店の求人では、体重60キロ以上の女性も歓迎、という店も珍しくはありません。
さまざまな客のニーズにこたえるため、体型も多少ふっくらしている程度から太っている女性まで、幅広く採用しているため、自身の体型を気にすることなく応募できます。

まとめ

女性がソープランドで働くために必要となるのは、まずソープで働くのも立派な仕事だという常識と責任感です。あとはプロとして心をこめた接客と、真面目な勤務態度があれば、ずばぬけて優れた容姿でなくとも十分に働くことができます。

また一定以上の年齢や太り気味の体型であっても、それに応じる店があるため、全体的に見ればソープランドで働ける女性は、年齢、体型とも幅広いといえます。
最初からあきらめる前に、一度、自分に向いたコンセプトの店がないか探してみましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープの公式ホームページをご確認ください。