• > 
  • さまざまな性癖が満たされる!ソープランドの種類とそれぞれの魅力

さまざまな性癖が満たされる!ソープランドの種類とそれぞれの魅力

黎明期のソープランドはただたんに女性が裸になり体を洗い、肌を重ね合わせるといういたってシンプルな世界でした。
しかしながら、ここ数年でソープ業界も格段に多様化が進み、男性のマニアックな性癖を満たすべくニッチなサービスを取り入れたり、プレイそのものに付加価値をつけたりと生存競争がよりいっそう激化しています。
ソープランドをジャンルごとに比較しつつ、男性がより満足するためのポイントについてまとめました。

ソープランドにはどんなジャンル・種類がある?

ソープランドは予算に合わせて選ぶ場合とコンセプトに合わせて選ぶ場合があります。

初心者にもわかりやすいのが巨乳ソープで、その名の通りおっぱいの大きい女の子ばかりがそろっています。
巨乳の定義についてはお店によって多少ばらつきがあり、Dカップ以上の女の子をそろえているお店もあれば、Gカップ、Hカップ以上の女の子しか採用しないところもあります。
巨乳ソープの醍醐味は、何といってもプレイのダイナミックさです。
Cカップ以下では絶対にできないパイズリなどもたっぷり堪能することができますし、騎乗位やバックでぶるんぶるん揺れまくる爆乳はなかなかの迫力があります。

巨乳ソープから派生したのがぽっちゃりソープです。
こちらは、おっぱいが大きくてなおかつボディ全体もボリュームのある女の子がそろっており、ぽっちゃり好きの男性に安定した需要があります。
面白いことに、いわゆる巨乳でモデル体型の女の子よりも全体的に丸っこい女の子のほうが風俗上級者には人気があるそうで、正統派美女にはなかなかできない細やかな気遣いに定評があります。

熟女ソープはもはや定番ですね。
巨乳と同じく、どこからが熟女なのかはお店の基準次第であり、30代オーバーから熟女とするお店もあれば、40代後半にならないと熟女として認めないところもあります。
熟女ともなるとさすがにボディラインはくずれていますが、若手には決してマネできない熟練のテクニックでカバーしており、アソコもほどよく使い込んでいるので奥まで入りやすく気持ちいいという魅力があります。

熟女とならんで人気なのが人妻です。
結婚していれば人妻ですから年齢層が幅広く、アラフォーでも現役の女性もいれば、20歳という若さで人妻ソープに入る女性もいるようです。
人妻はプライベートでも御主人を満足させていますからテクニックは折り紙つきで、男性が気づかない性感帯も知り尽くしています。
最近ではこれらの混合型であるぽっちゃり巨乳ソープ、熟女人妻ソープなども大盛況で、今後も新たなジャンルがどんどん登場してくるでしょう。

お店のランクに応じて受けられるプレイも異なる

ソープに一度でも行ったことのある人であれば、大衆店、高級店、超高級店というランク分けを御存知でしょう。

言うまでもなく大衆店がもっともリーズナブルで、最安で1万円程度の予算で遊べるかわりに時間がみじかく、楽しめるサービスもかぎられてしまうという特徴があります。
大衆店では、ソープの代名詞ともいえるマットプレイがないところも多く、女の子とお風呂に入って体を洗い、そのままの流れでセックスをするというパターンが一般的です。
30分から45分の間で一連のプロセスをこなすため、「ソープでゆっくり遊びたい!」という男性にとってはいささか物足りないかもしれませんが、基本的なサービスはもちろん受けられるため、初心者がソープの入門編として試してみたり、とにかくムラムラしてすぐに性欲を満たしたいという男性におすすめです。

高級店は一般に総額で3万円から5万円が基本相場であり、ソープと言えばこのあたりのランクを指すのが普通です。
高級店ではあこがれのマットプレイが存分に堪能でき、基本のサービス時間も90分から120分とたっぷり取られているため、元気な男性では2回戦、3回戦も夢ではありません。

超高級店はまさしく風俗の殿堂という感じで、格式高い超高級店では10万円以上の総額となるところも少なくありません。
超高級店ともなるとさすがに女の子のレベルも段違いで、モデルやアイドル、CAとしても当たり前に通用しそうな極上のS級美女から王様気分で性の手ほどきを受けることができます。
高級店以上ではまれにゴムなしでのセックスをさせてくれたり、シャワーなしでフェラチオをしてくれる即尺サービスを売りにしているところもあります。

最近では大衆店よりもさらに安い激安店というジャンルができており、エリアによっては5000円程度の相場で遊べるところも出てきています。
ただ、極端に安いソープではサービスの質が悪かったり、性病対策がなされていなかったりと安全とはいえない部分もありますので、リスクを気にするのであれば大衆店以上のお店で遊ぶようにしましょう。

ソープランドとデリヘルを迷った時はどう選ぶのが得策?

ソープとデリヘルの決定的な違いは、セックスができるかどうか、ということです。
したがって、女の子と本気のセックスが楽しみたいという男性はソープを選んだほうが満足できるでしょう。
ここで素朴な疑問です。
おそらくほとんどの男性は、目の前に女の子がいれば実際に精液を注入するかどうかはべつにして、とりあえず挿入して性欲を満たしたいと考えるものです。
それが狩猟本能に根ざした男性の本能のはず。

しかしながら日本では、ソープとほぼ同程度の価格相場で遊べるデリヘルも安定した需要を保っています。
御存知の通り、デリヘルでの本番行為は法的に禁じられています。
同じお金を出せばソープで本物のセックスが楽しめるのに、なぜ、わざわざ本番ができないデリヘルを利用するのでしょうか。
理由のひとつには、手軽さがあります。

ソープであればわざわざそのお店まで出向かなくてはいけないところを、デリヘルなら自宅にいつでも呼ぶことができ、移動の手間がありません。
ソープは法律上主要駅の近くにはつくれないため、必然的に駅から遠くなり、お店へのアクセスは良いとは言えません。
デリヘルでも自宅の住所を知られたくない場合はホテルで、ということになりますが、ホテルは主要駅沿線に密集しているため、ソープほどアクセスが悪いということはありません。

ここ数年はデリヘルもユーザーの細かい性癖にこたえるべくオプションを増やしており、一般のSMコースはもちろん、よりマニアックなところでは夜這い目隠しコースなど、あえて男性側が受け身になるようなプレイも可能になっています。

まとめ

人生いろいろ、性癖もいろいろ。
普段はどんなに真面目で堅苦しい人でも、いざ裸になれば人には言えない性癖をさらけ出すものです。
ソープは風俗の王様とよばれるだけあって、ユーザーの細かいニーズにこたえるべく、従来では考えられなかったニッチなサービスやマニアックなオプションでリピーター獲得をはかっています。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各川崎ソープランドの公式ホームページをご確認ください。