• > 
  • 川崎でのソープやその他風俗事情を教えます。

川崎でのソープやその他風俗事情を教えます。

神奈川県の川崎は日本有数の風俗街です。その歴史は古く、風俗を利用したことのある人ならば一度は行ってみたいと思う地ではないでしょうか。しかしなぜ川崎は日本有数の風俗街と言われているのか、なぜ人気が高いのか。風俗店が多く立ち並ぶ地なら他にもたくさんあります。どういった店が多くあるのか、どういった特徴があるのか、どんな楽しみ方が出来るのか、川崎だからこそ楽しめるポイントがあるのです。

川崎の風俗街はどこにある?

川崎にある風俗街は、JRの川崎駅を中心として堀之内、南町の2つのブロックに分かれています。駅東口を出て北東方面に進めば堀之内ブロック、南東方向に進めば南町ブロックです。この2つのブロックは隣接しているわけではないので、行く前に自分がどちらに行きたいのかを確認してから行くことをおすすめします。どちらも駅からそう遠くはありません。駅から徒歩10分ほどで行けるでしょう。

たどり着けるか自信がない人は、携帯の地図アプリなどを使って行くか、店によっては駅までの送迎を無料でしてくれるのでこういったものを利用するのも良いかと思います。人に道を聞きにくいと思う人は、事前に目印となる建物を確認していくことをおすすめします。

川崎ではどういったジャンルをあつかっている風俗店が多い?

川崎の堀之内と南町のどちらでも様々なジャンルの風俗店があります。ピンサロ、イメクラ、ヘルスなどといったいわゆる店舗型、デリヘルやホテヘルなど様々です。川崎は日本有数の規模を誇る風俗街ですから、巷で賑わっているようなジャンルの風俗店は一通りあるのではないでしょうか。また、神奈川県の条例では、ソープ店とファッションヘルスは出店することができなくなっています。しかし、飲食店であるピンサロは出店可能となっています。

しかしやはり一番多く人気があるのはソープです。「泡踊り」というスタイルを普及させた街で、人気もありますし、店の数も他のジャンルのものとは比べものにならないぐらい多くあります。ソープ街として熱気を放っていた時代もあったぐらいだったので、川崎といったらソープと思い浮かべる人が多いのです。様々なジャンルを楽しんでも、最終的にはソープで終わるという人も少なくありません。

川崎でのソープ事情とは?

かつては川崎は風俗街として熱気にあふれていました。しかし時代の流れによって一度は沈静化してしまいました。そんな中、トルコ風呂というものが日本で流行りだしたことによって変わってきたのです。川崎にトルコ風呂が誕生すると大きな人気となり、だんだん店の数はに増えて行きました。その影響から人気のソープ街へと変わっていきました。

当時では珍しかった泡踊りが始まったのも川崎だと言われています。この泡踊りが目的で全国各地からソープファンがこの街に集まってきたと言われているほどです。そういった歴史もあり、川崎はソープ街として人々の中で根付いてきました。今も川崎と言ったらソープ街と口にする人は多いかと思います。

まとめ

ソープが好きな人にとっては川崎は外せない場所です。多くの店がひしめき合っているので、どの店も自分の店の特徴を推してきてくれます。そういったことから他にはないソープを見つけ出すことが出来るかもしれません。その中から川崎ならではのお気に入りの店を探してみてはどうでしょうか。