ソープとは?

男性なら一度入ってみたいと思うのがソープではないでしょうか。性的サービスを行う店というのは他にもありますが、いわゆる本番を行うことが出来るのはソープだけです。しかし値段だけに囚われて安いという理由だけで飛び込んでしまうと、思っていた内容と違うなど失敗したなと感じてしまうことになってしまうかもしれません。

そうならないためにも値段だけではなく、お店を選ぶ際には何を重要視するのか、何を注意するべきなのかを考えなくてはなりません。

ソープとは何か?

性的サービスを行う店の中の一つにソープがあります。ソープとは、湯船のある部屋で女性が、男性客に対して性的なサービスを行う風俗店です。またソープは、大きく3つの種類に分けられます。それは大衆店、中級店、高級店です。値段だけでなく、自分がやってほしいサービス内容、コースの時間を考慮した上でこの中から選ぶのがいいかと思います。

とにかく安く時間も短めが希望ならば大衆店がおすすめです。初心者ならここから始めるのがいいでしょう。また少し時間をかけて楽しみたいというのならば中級店がいいでしょう。日本にあるソープではこの中級店が最も一般的なものとなっています。そして時間をじっくりかけて行って欲しい人や、性的サービス以外にも内装や女性の丁寧な接客を受けたいと希望する人は高級店がいいでしょう。

せっかく行ったのに思っていたようなものではなかったと後悔しないためにも、行く前に必要最低限そこの違いを理解してからがいいかと思います。

一般的なプレイ内容とは?

一般的なプレイ内容として、ソープはお風呂があるということがメインなわけですから入浴から始まります。まずは風俗嬢と呼ばれる女性スタッフが自分自身に泡をつけて、その体で体を洗ってくれる泡踊り、スケベ椅子と呼ばれるソープ特有の椅子に座って行われるプレイ、ローションを使ったマットプレイなどがあります。

どのプレイも男性にとっては普段経験しないような内容なので、至れり尽くせりやってもらえて感動する人は多いでしょう。またソープの大きな特徴として、他の風俗店では禁止されているようないわゆる本番も可能となっています。なのでキス、お触り以上であってもほとんどのプレイ内容は可能となっているわけです。

ソープで有名な場所とその特徴

ソープは日本各地にありますが、有名な場所というのがいくつかあります。それぞれ特徴もあります。

例えば風俗といえば東京の吉原を思い浮かべる人が一番多いのではないでしょうか。なんといっても吉原は規模が大きく、店舗数も最大級です。風俗街として長年の歴史があるので、男性なら誰しもが一度は訪れてみたい場所なのではないでしょうか。

しかし日本の風俗街は吉原だけではありません。近郊で言ったら千葉の栄町、神奈川の川崎も負けていません。吉原ほどの規模はないですが、千葉の栄町においては異国文化溢れた街並み、それに伴い外国人のキャストも多くなってきています。神奈川の川崎はソープ嬢のプレイや質が高いことで有名です。このように各場所によっても特徴が変わってくるのです。

まとめ

このようにソープは選ぶ店によって内容は変わってきます。場所によっても店の雰囲気は変わってきます。ソープに行く前に、自分の求めるプレイ内容、一番重要視したい部分を明確にさせてから場所や店を選ぶのがいいでしょう。