• > 
  • 川崎のソープで女性が働く理由

川崎のソープで女性が働く理由

ソープで働いてみたい、興味があるといった女性も、実は多いのではないでしょうか。現在の風俗店は以前と違いお洒落で働きやすい環境に変化しています。ここでは、川崎でソープ嬢として働く女性たちが、どういった考えを持って働いているのかなどを紹介しています。そして、川崎がソープ街になった歴史についても、簡単にではありますが、まとめてあります。女性たちも川崎のソープ街で誇りを持って働いてみませんか?

なぜ他にもソープはあるのに川崎なのか

ソープは全国各地にあることは、ご存知のことかと思われます。ですが、なぜか川崎のソープには、全国各地の女性が働きに訪れています。その理由を紐解いていきましょう。歴史的な話もあるので説明をします。

川崎は、江戸時代に東海道五十三次の宿場町のひとつで、川崎宿と呼ばれていました。宿場町には、飯盛女と呼ばれる女性の奉公人がいて、その中には遊女も多くいたそうです。時代の流れで、遊女街や遊郭といったものは、歴史から姿を消します。戦後、国立競馬場が建てられ、さらに工業誘致によって、多くの労働者が全国から働きに来るようになりました。その時には青線と呼ばれる、売春街になっていたのですが買春防止法によって、全て廃業に追い込まれてしまいます。ほどなくして、ソープの前進にあたるトルコ風呂が全国的に流行り、川崎でもトルコ風呂は営業を始めます。その時、この地で働くソープ嬢たちの手によって泡踊りと呼ばれるマットプレイの前進にあたるテクニックが生み出されました。その話は、たちまち全国に広まり、体験してみようと多くの男性が訪れるようになったのです。

そういった逸話もあり、現在のソープ業界でも伝統のあるところとしても有名です。街自体も、東京で働く人たちのベッドタウンで、常に多くの人が集まる場所でもあります。プロスポーツ関連の競技場なども多く、先にも紹介したように、国立競馬場や、競輪場やボートレース場などもあります。そのような環境もありますので、ソープに訪れるお客様も多いことから、ここで仕事が無いということは、ほとんどありません。それ故に、川崎のソープで働きたいと思っている女性は多いといったワケなのです。

お給料がいい

やはり、働くとしたら、お給料に関しては気になることでしょう。ソープ嬢として働く女の子は、お金に困って働き始めたという人は多くいます。川崎では、大衆店や高級店が多く、お客様からいただけるサービス料金は、時給に換算しています。ですが、高級店となりますと、年齢制限もあり、顔やスタイル、言葉使いやサービスする時のテクニックも、ある程度上手くなければ、採用されませんのでご注意ください。

一度、自分を信じて応募してみるのも悪くは無いと思います。採用されなかったとしたら、中級店や大衆店のほうに応募してみましょう。川崎のソープといえば吉原に次いで、関東No2と言われていることもあり、連日多くのお客様が集まってきています。ですから本当に忙しいと言う人が多いです。また、風俗での業界用語に「お茶を挽いている」という言葉があります。一体何のことを言っているのかと説明をしますと、昔、遊郭があった頃に、お客が付かない遊女は、もう一つの仕事として、お茶を挽いて出していたといった話があります。現在でも、その名残から同じ意味で使われているのです。

もちろん、大衆店や高級店だけではなく、格安店も多くあります。その場合は、プレイ時間も短いものとなっていますので、回転率重視で多くのお客様を相手にするといった感じの働き方になります。体力とテクニックに自信があるといった人の場合は、格安店などで働くのも良いのではないでしょうか。土地柄と伝統から、昔から通い続けているお客様も多く、やはり稼げるということは間違いありません。また、JR川崎駅から10分程度の位置に堀之内エリアも南町エリアもあります。通いやすいといったメリットもあるので、人気のエリアともなっているのです。

川崎のソープ嬢は胸を張って仕事をしている!

川崎で働いているソープ嬢の女の子たちは、みんな胸を張って仕事をしています。それは、泡踊り発祥の地ということで多くの伝統がある仕事だからです。全国のソープファンからは、テクニックの川崎と呼ばれてきて、ソープ嬢達には、代々伝えられてきた伝統のテクニックを、OBの女性たちから継承されてきました。そして、サービス全体の質が良く満足して帰っていく、お客様が大変多いのです。昔から宿場町という歴史もあります。

やはり、女性的には、不特定多数の男の人に対して性的サービスをするとなると、抵抗を持っている人は多いものだと思われます。さらに、自分の身体を売って給料を得ているといったら、なおさら嫌悪感を持っている人は多いことでしょう。ですが、この地で働いている女の子たちには、人には言えない仕事といった、考えを持っている人は、いないといっても良いでしょう。土地柄的にも隠れてソープ嬢をやる必要は無く、どの女の子も活き活きと働いています。

実は、ソープ嬢の仕事というのは男に夢を与える仕事でもあります。ご存知のように、男性の中には、セックス経験が一度も無いといった人も多くいます。そういった男性たちの中には、ソープに来て初めてのセックスを体験するといった人も多いのです。そうして女性を知り、その後、大切な人を見つけているといった人も多くいます。そういったことから、男性に対して夢と癒やしを与える仕事として、誇りを持って働いている人が多く、長い間ソープ嬢として働いている人も多くいます。もしも、ここを読んでいる人の中に、お金に困っているといった女性の人がいたら、ソープ嬢として働いてみるのも良いのではないでしょうか。一歩踏み出す勇気があれば、あなたを変えてくれるはずです。

まとめ

これで、川崎のソープで働く女性たちのことが、少しでも分かっていただけたのではないでしょうか。彼女たちは厳しい環境の中、日々忙しく働く男性に対して、夢と癒やしを与える仕事に誇りを持って、活き活きと働いているのです。そんな彼女たちの仕事が、現在の厳しい環境で働く日本の男性たちを支えているといっても過言ではないのです。彼女たちは今日もまた、たくさんの男性から感謝されていることでしょう。